home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
EXPENSIVE WINTER COMING SOON


はやいものでもう12月です。

今年は例年より早めに寒波SETが入って、山はいきなり仕上がりつつある状況のようで。
12月の上旬にゲレンデ全面オープンするようだと、何年ぶりって感じな気がしますが。。
今季はどんな感じで雪が降っていくんでしょうかね、楽しみです。

僕の方は相変わらず、この時期の降雪は横目で捕らえるだけで、海へ。
徐々に広がっていく富士山の真っ白い領域が冬の到来を告げて、
寒い朝もなぜかホクホク感じれるのは、自分がSNOWBOARDERだからかなぁ。





UTOPIA


予定を決めるのは好みじゃない自分にとって、数少ない毎年恒例のイベントがRIDE SURF CAMP。
毎年春と秋の2回開催、SURF歴2年目のスーパー初心者の頃から行きだして、そこから皆勤の6回目の参加。
となると感想は、さっくりいえば今回もサイコーでした〜になるんだけど 笑




4SESSION


SURF、SNOW、SKATEに加えてSAKEと、4Sessionキマってだいぶ盛り上がった週末。
どのSESSIONもたくさんの人とシェア出来て、なによりソコに一番満足してます。イイ週末でした。

 




THE ONSEN AND THE SEA


気が付けば10月。あっという間に9月も終わり、朝晩が徐々に冷えるようになってきましたね。
海水温はまだまだ温いんでやってる最中は熱いくらいなんだけど、あがった後は身体を暖めたくなる季節。
夏の間は暑くて全く欲してこない情熱だけども、秋になるといきなり高ぶる、温泉への情熱。
ということで行ってきました、SURF&温泉トリップ。




SURF HI SEASON


飛び石連休だったこの週末。
事前の天気予報は最悪も、前線が南下したり台風がそれたりで、結果的にはかなりの行楽日和。

日曜と火曜は海へ。前線の通過が南に逸れた影響で日曜は思ったほどサイズが上がらず、
火曜はその南下した前線が台風ウネリをブロックして思ったほどサイズが上がらず。
ま、サイズは小さくなっちゃったけど、その分天気は気持ちよい秋晴れが広がって、
太陽の光を反射した水面がキラキラ輝いちゃうFINE SUNNY。FUN WAVEで楽しみました。




PROGRESSED SEASON


デカすぎるかまったく無いかの両極端になりがちだったり、
海水浴規制だとか南風オンショアだったりとか、夏の間はなかなか足が遠のく湘南。
気がついてみるとほぼ2ヶ月も行ってなかったという。。

台風14号がHITして、久々に乗れるサイズがブレイクしそうだった、AND、
ブルースカイにオフショアと、コンディションはバッチリ揃いそうな気配がみえたんで。。
こりゃあ逃せないっす。すかさずGO。




SUMMER END FEEL


いきなり太陽が隠れ続けちゃって、寒くなった8月ラストウィーク。
反町隆史の「forever」のメロウアレンジバージョンのオルゴールが頭の中で繰り返されるような。。
夏の終わりを感じずにはいられません。夏のフィナーレに向かって、、海へ。




HOT SESSION



梅雨明け早々から猛暑開始が近年のトレンドになってきつつあるけれども、今年も例に違わずその流れ。
先の週末はとくに半端ナイ暑さでした。まさに海日和。ノーモーションで猛暑な夏です。

いやおなしに海が気持ちイイ夏だけど、反面夏といえば海水浴客の増加による混雑と規制に加えて、夏の南風や
快適な海水温などで、足が向きやすいエリアは限られてくるんだけども、今回も例に違わずその流れ。

そんなお決まりのパターンが炸裂すると、SURF SESSIONも同じような流れで去年を再現しちゃいます。
夏の訪れを告げる、パイセンクルーとのアツいHI SESSION。今年もやってきました。




OPENING STOVE SEASON


1ヶ月半にわたる梅雨が明けました。それはつまり、夏の始まりを告げる合図。
何気に短いのが夏。1ヶ月もすれば秋の香りが届いてくる。夏はひと時も無駄にできません。
ということで、梅雨明けの発表がまだでも、その様相をキャッチできればすかさずやっちゃいます。
夏のオープニングを飾るに相応しい場所へSHORT TRIP。今年も伊豆です。




FLYING SUMMER BREAK


台風8号が過ぎ去った後の土曜日は、晴れ渡った青空。気温もグググンと上がって34度とか。
完全に夏が炸裂です。そして波は、クローズコンディションもようやく落ち着いてムネ〜カタ、
ちょいとデカめだけどチャレンジにはジャストなアグレッシブサイズ。もちろんすかさず海へ。
続きを読む >>