home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
SNOWBOARDER SUMMIT CAMP


気がつけば11月も終盤戦、秋も深まり徐々に冬が近づいてきてますね。
自分は例年通り、この季節は特にスタートダッシュをきめず、アクセルさえもほぼ蒸かさず、、
全く雪の匂いを探らずにやっているけれども。。

この週末の3連休はSNOWBOARDINGを感じる連休になりました。




LONG VACATION TRIP vol.2


グアムの空港にて翌日からの日本の天気予報と波予報をチェックして、次の日以降の遊びを決める。
波がよければ海沿いでサーフキャンプ、波無くても天気がよければどこかでキャンプ、
連日雨ならどうしようかって具合に、基本スタンスはノープランからスタートして。
今回の長期休み中も1日だけ間違いなく雨降る感じの日があったから、そこを避けるようにプランニング。

という流れで決めたのが、秋深まる西湖の畔でのキャンプ。




CAMP IS CONTINUED


体育の日3連休もキャンプへ。なんとこれで3週連続のキャンプ。




LOCAL SKATE , LOCAL CAMP


SURF、SKATE、CAMP、TREKKING、、なにやっても気持ちのいい気候で、
何チョイスしようか悩ましい、何をチョイスしても間違いない、嬉しい季節が到来してるけど、
そうなってくるとタイトに詰め込んで、あわせ技スタイルで欲張りたいわけです。
ということで、この週末は初のSKATE to CAMPをやってきました。




SILVER WEEK CAMPING


シルバーウィークの5連休。2009年以来のカレンダーマジック。次は2026年だとか。
6年前の連休は初めてテント泊登山に、立山に行ったことを今でも覚えてます。
それをきっかけに、その後のテント泊縦走登山、そして立山BACK COUNTRY SNOWBOARDINGと、
色々なライフスタイルに繋がっていったわけで、、忘れられるわけないっすね。

というわけで、今回のシルバーウィークもきっと今後のライフスタイルに大きな影響を与えるでしょう。
今回は、4日間の野外生活、キャンプライフを送ってきました。




FAMILY STYLE SURF CAMP


サーフキャンプって、子供が生まれる前はもちろん、サーフィン始めた当初からやってるけれど、
その頃からずっと変わらないのは、理想のサーフキャンプスタイル。
理想的には、サーフィン、キャンプどちらかに偏らず、もちろんどちらもショボくはならず、
完璧なバランスで融合され、そのうえでピースでメロウな空気感で満たされた感じ。
ゆるゆるに見えるんだけど、よく見ると洗練されてる、みたいな。
シンプルなんだけど、全部ある、みたいな。
大きな意味で言えば理想的なSURF LIFE STYLEのミニマム版、みたいな。要はそんな感じ。

子供がいる・いないはそこにはほとんど関係なく、
むしろ家族で一緒にクリエイトできた方がより素晴らしい形だと思うんだけど、
当然、そこに達するには、まだまだ足りないことだらけで、現状としては困難も多い。
ストイックにいえば、技術的にも精神的にも経験的にも、積み上げていかなきゃならないことは多いけど、
ストイックになりすぎず、やっていく中で自然とレベルアップしていけるように、1個1個をイメージしてる。

その流れで、今回は2泊3日のファミリーサーフキャンプに初トライ。
想像してたよりはるかにゆったりと遊べて、充実のサーフキャンプになりました。




SHARE TIME & NATURE


寒いと暑いを繰り返すのが秋の調べ、うまい具合に暖かいタイミングと週末が重なったら。。
とタイミングを見計らいながらの、10月末。徐々に秋は深まっていきます。
今年ラストのタイミングかもしれないってことで、この週末は森へ。




FIRST FAMILY CAMP


すっかり秋めいて澄んだ青空が広がった週末。
夏の熱気溢れる感じも好きなんだけど、一方で、秋が始まるのを待っていた感もあって。。
秋は、清清しく凛として、何をやるにも気持ちがいい季節。
このタイミングでようやく解禁しました。キャンプです。




CHANGE IN ORDER NOT TO CHANGE


秋分の日を含めた日曜月曜は、キャンプに。
SURFだのTREKKINGだのを絡めず、久しぶりのピュアキャンプ。のんびりしてきました。




OVER THE WALL 2012


OVER THE WALL 2012 "OUTLOOK"

バブルスこと丸山隼人氏主宰の、野外Fesイベント。
2回目の今回は、乗り越えた壁の先で周りを見渡してみようっていう。去年は行けなかったので、初参加。

長野県のDEEPなカルチャーが生んだ、発展的完成形ともいえるようなイベントで、
期待感の中に結構な割合でドキドキ感も含んでいたんだけど、杞憂でした。
ふらっと歩いてれば次々、同じ臭いを嗅ぎつけた滑り仲間と再会しては、話もはずんで。
MOVIEの上映会も、ライブも、ワークショップも、飯も旨いし、酒は飲み続け飲み続け。。サイコー。
素晴らしい3日間でした。
続きを読む >>