home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Deep Fall Trekking



色々ありましてブログの更新も滞ってましたが、復活です。

11月もそろそろ終わりで、晩秋です。刻一刻と冬の足音は近づいてますね。
冬先取りな気持ちと、今年ラストもそろそろかもなぁって感じで、サンコーってきました。



おかわりトレッキングしなければ、今年のオーラスかもしれんので、出来るだけイイ山に。
かといって北アルプスなんかはすでに雪に覆われた冬山なので、
行ける山も限られてくる季節。でも雲の上の森林限界は超えたい。
そんな欲張りをかなえてくれる場所は、ここでしょう。八ヶ岳。
それでも、ハードなアルパインには危険を感じ、北八ヶ岳は天狗岳に行ってきました。

渋の湯から入っての天狗岳周遊コース。日帰りでも十分可能なコースだけど、
雪もあるだろうし、のんびり歩きたいってことで、黒百合ヒュッテ泊まりの1泊で。
二日とも天気は抜群によく、まさにサイコーなサンコーでした。


渋の湯から黒百合ヒュッテまでは2時間半、北八らしい樹林帯を歩くコース。
予想通り雪はあったけど、樹林帯では歩行に問題なく、人も少なく、
木々の間から降り注ぐ日差しは暖かく、霜柱をざくざく踏み潰しながら、
まったりほっこり歩いていけば、あっちゅうまに黒百合ヒュッテに到着。
黒百合ヒュッテは座敷あり、薪ストーブあり、こたつありの、雰囲気抜群な山小屋。










時間はまだ昼過ぎだったんで、天狗岳アタックもできなくはなかったけど、
あえてお楽しみは明日にとっておいて、そこからは山小屋まわりを散策。
黒百合ヒュッテまわりは天狗岳以外にも色々と楽しめる場所が多いのです。

で、選んだのは黒百合ヒュッテからやや北にある、「にゅう」。
オモしいネーミングとは裏腹に、どかんと盛られた岩峰なのです。
ヒュッテからにゅうまでの道のりは木漏れ日たっぷりの稜線で、
木の間からは天狗岳やら八ヶ岳の裾野やら金峰山やらがばっちり見えて、超気持ちいい道。
うねる木の根っこの間の雪がちょっとリスキーだったけど。








1時間程度でにゅうに到着。これがまた、ヤバイ展望。
北方面は針葉樹林が生い茂る森が一面に見えて、遠くには浅間山など群馬方面の山々。
北西にはずらっと雪に覆われた北アルプスと、北横岳や蓼科山など北八ヶ岳の山、
南側には天狗岳や根石岳など、残りの北八ヶ岳の山が見える。
でもって、東側は金峰山など奥秩父の山々と、どかんと富士山も丸見え。
超気持ちイイ360度のパノラマVIEW。ここを目的地にしても十分大満足できるような場所。
画角で切り分けられた写真じゃぁここの気持ちよさは全然伝わらない、サイコーな場所でした。












あとは山小屋に戻って、暖かいご飯をいただき、コタツでぬくぬくしながら
お酒を飲みながらまったりで1日目が終了。完璧でした。

そしてさらに超展望で大興奮な翌日に続くわけなのです。。





コメント
コメントする