home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Colorful Mountain


前回の山は木曽駒ケ岳、まだまだ夏な感じだったけど、
1ヶ月経って山はすでに秋な感じ。この時期は場所によって季節が変わるのです。
北にいけば、秋も今が盛り。紅葉の季節なのです。
ということで、1ヶ月ぶり、久々に山に。紅葉トレイン開始です。
体育の日の3連休で唯一好天が望めた最終日。行き先はもちろん北。
東北福島・安達太良山、紅葉で有名な山です。
予報通り、雲ない晴天。行きの車は少し暑いくらい。こりゃヤバイ。わくわく。。。




が、着いたらどんより曇天。どうなってんの。。。
刻一刻、どんどん雲が安達太良山を覆っていく。。。
じきに晴れるだろうと気を持ち直してゴンドラに乗る。今回は遠い分ゴンドラ使って手抜きなのです。
ゴンドラを下りればそこはすでに8合目って感じ。紅葉はかなりぴったりな時期っぽい。が、暗い。。。
雲が、ガスが。。。どんどん覆う面積を広げ、紅葉は真っ白の中へ。。
で、結局うちらも真っ白の中に。。涙
真っ白の中は雨まで降っていやがって、最悪。。。。涙々




とにかく登るしかない!登ってるうちに晴れるかもしれない!!と虚勢を張りまくって、登山開始。
気休め程度に近くの紅葉を見て感動したふりをしたり、森林限界を白くなければ気持ちイイはずっていう
いつもの慰めコメントをいいあい、そうこうしてるとあっという間に登頂。
もちろん、未だ真っ白、その上超強風。コンディション最悪なのです。。。



またしても予測不能な自然という壁にぶつかり、霧と強風と小雨と意気消沈の中食事をとり、
ほんとはぐるっと回って下山する予定もピストンでさっさと下りて、
麓の岳温泉で温まろうプランに変更。そうと決まれば勢いよく下山開始。

途中、真っ白の中うっすらとだけ見える遠方の全山紅葉を羨ましく眺めて、心のシャッターを押していると。。
夢か幻か、徐々にガスが晴れていく。。。








どーん!!!

あれだけ真っ白だった霧は晴れ、光が射し、紅葉達は燃えるように輝きだしたのです。
こみ上がる感動。各地から起こる歓声。そこは奇跡の瞬間でした。












登りのときには全く見えなかった全山紅葉は見事。
自然界とは思えないような派手なカラーリングとコントラスト。
諦めかけてた風景が目の前に広がる奇跡もあいまって、
どん底からのV字回復の上昇率は天にもとどくかの如くです。テンションMAXです。
テンション上がればなおさら景色は美しい。気持ちが入るんでね。
ただひたすら足を運ぶことのみを繰り返していた登りとは一変して、
下山はひとときも紅葉から目を離さないで、感動しっぱなし、歓声あげっぱなしな感じ。
ツライことは全て帳消しで、いいサンコーでした。

でも出来れば始めから最後までピーカンで行きたいけど 笑
それは毎度おなじみ、次ってことにしましょう。紅葉トレインは出発したばかりなのです。




コメント
コメントする