home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
TOP STAR 2


朝起きて目覚めたのは北アルプスのど真ん中。やっとたどり着いた涸沢カールでの朝。
3000mを超える穂高連峰にすっぽり囲まれた場所。日本の最深の自然の世界。
こんな自然の中で寝て、起きれるっていうことは、実はとても贅沢だと思う。

空には雲ひとつない。朝日を反射して赤く染まる奥穂。輝く稜線。
雑誌や本やネットやらで、たくさん目にしてきた光景が現実の目の前に。
前日のキツイ思いは満足感に変わり、感無量な感覚でコーヒーを飲む。サイコー。


ゆったりと夜明けを楽しんで、存分に朝日を感じて、出発。
2日目の今日はいよいよ奥穂高岳のピークにアタックです。
奥穂高岳は3190mの北アルプス最高峰で日本第3位の標高。
涸沢カールからはまだ1000m程度の高低差があり。しかも山自体は目の前で、かなりの急登。

ちょいとゆったり登ればすぐ、かの有名なザイテングラートに突入。
名前の仰々しさから、どんだけ険しい場所なのかと想像してたけど、ナカナカのもん。
恐怖を感じるような場所ではないけど、きちっと歩かないと危ないかな。
aiさんは十分恐怖を感じてたようだったけど。地震があったらヤバイと言ってた、そりゃねぇ 笑
でもまぁ、アスレチックな感じで、楽しい。










ザイテングラートが終われば、穂高岳山荘を過ぎて、後は山頂まで1時間弱の稜線歩き。
稜線なんで、激しく長く急登したりはしないけど、そこはさすがの穂高連峰。
細く、岩ゴツゴツで荒々しい稜線。登ったり下ったりも多い。
気持ちイイーってアガリながらのんびり歩けるような稜線とは違います。
ピンポイントにはしごやら鎖やらがあって、今まで感じたことの無い高度感。
aiさんはかなりびびる。高所恐怖症な俺は意外と大丈夫でナカナカ楽しい 笑












険しい稜線からは徐々に視界も広がっていく。
が、あいにくガス発生。下の方はどんどん雲の中に。
楽しみにしてた雲ノ平方面の北アルプスはすっかり雲海の下に。
そして雲はどんどん上に上がってくる。いそげー



間に合いました。ピークに到着。
迫り来る雲は一面を雲海の底に沈め、頂上は雲の上の世界。
雲海からは選ばれたように高い山だけが顔を出し、その上は真っ青な空。
まるで神様が住む場所。スゴイ。。
そして、奥穂のピークは穂高連峰の中心。
吊尾根から前穂、ジャンダルムからの西穂、涸沢岳から北穂、大キレットを超えて槍までの稜線、
北アルプスの憧れの縦走路に全て繋がってます。これを生で見たかったわけ。
いやぁー、かっちぇー。写真じゃ全然わかんないね、この感じ。感動的。












そんなわけで、言葉でいいあらわせないくらいの感動を強引に文章にしたわけなんで、
締めの言葉は何もみつからない 笑 ともかく超HAPPYでした。

辛かったけど、辛かったからこそ感動した、ってわけじゃないです。そんなチープじゃない。
辛い思いしてでも得たいような感動があった、て感じかな。
あんまり出会える感覚じゃないかもしれないけど、イイ感じだね。さすがです。

いい3日間でした。





PS. 3日目は涸沢から下っただけなんで省略、でも疲れもピークで超辛かった。
しかも下りるだけなんで感動も全く無し 笑


 




コメント
ジャンダルム、ヤバいよね。
いよいよ山にハマってきたみたいだね。

俺らが去年、なんで奥穂アタックしなかったか解ったかな?
コンディションが悪ければ、平気で人が死ねちゃうんだよね。

そこの見極めが出来るかが、山を楽しむ上では最も必要なんじゃないかなぁ。

せっかく来たんだから行っちゃおうじゃない、また来たらいいじゃん、みんなでね!みたいな。


長々とスマンね。
もう、解っちゃってるよね(笑)
  • gv
  • 2010/08/05 10:04 PM
gvさん >
完全にはまってますねぇ。オモシイです。

アドバイス了解です。もちろん心得てるつもりですが、
まだまだ勉強したりすることは多いです。学んでいかないと。
ある意味、そういった心得とか、自然への向き合い方とか、そういうのを
考えたり学んだりする行為も山の魅力のひとつなのかも。

ちなみにaiさんは山に行くと地震の心配ばかりしてます 笑


  • Key
  • 2010/08/06 3:11 PM
本当にその通りだと思うよ!
世界観、価値観が全く変わるよねっ。

行った人、味わった人じゃないとわからない、表現できない感じだいね〜。


どっか機会あったら登り行こうかね!
  • gv
  • 2010/08/06 7:40 PM
gvさん >
山登りだして、人生観変わりましたよ、実際。
そういう生き方や考え方に影響してくる具合はSNOWBOARDとも近くて、そんな感じで両方楽しめてる感じです。

ぜひ一緒に山行きましょう。こっちは機会をいつも狙ってますよ 笑
  • Key
  • 2010/08/09 1:16 AM
コメントする