home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
WINTER FINALLY HAS BEGUN


まともにまとまった降雪が全くないまま、瞬く間に2月。
今季はこのまま終わっちまうんじゃないかと、徐々に心配が膨れ上がってきた頃合いに、
ようやくキマりました、西高東低。
週の途中で気温が異常にあがり、2000m付近にも雨を降らせた南岸低気圧が抜けてからの冬型なんで、
心配無用問答無用で期待できるほどの感触ではないものの、
それでも、今季初めてっていえるくらいの週末寒波が炸裂。もちろん逃しません。逃せません。

 

 

目的としては、バフバフのパウダーはひたすら食いたいけれども、
人目を避けたツリーランで回せるほどの下地の雪量は、近場じゃあどこにもないので、

おのずとゲレンデコース内に限られる。
かといって、今季のこのタイミング、目の中火花バチバチにして狙っているのは皆同じなわけで、
その争いからドロップできる、ほんわかゲレンデも視野には入れつつも、
リフト遅くてコースも短い場所で、のほのほスノーボードが出来るほど、今季の俺は満たされていない 笑
なにせ、シーズン開けてから、ホンキで滑ったのはリフト5本分くらい。とにかく滑りたいのだ。

 

ということで、コース内パウダーをしっかり狙えつつ、バチバチ火花は適度、人も多くなりすぎず、
それでいてロングに滑れる場所、という狙い。かなり限られた場所だけど、条件ぴったりで思いつく場所へ。

 

朝イチでゲレンデオープン前にゴンドラの列に並んでいると、知った顔の方々が自然と集まる。
特に約束していたとかいうわけでもないのに、狙い被って集まっちゃうのは必然の偶然だけれども、
毎回同じところを滑り続けているロコならいざ知らず、ビジタースタイルでこの感覚を味わえるのは、
やっぱり長年続けてきた賜物だなぁ、と。20年目のシーズンの深みを感じれて、GOOD。

 

集まった面々も交えて、雪の量と質と斜度と地形と効率と人の流れについて、まずはトークセッション開始。
あっちがいいとか、こっちが狙い目だとか。そうそう、スノーボードって、この楽しさがあるんだよなぁ。
山に着く前から降雪無いことが確定したカチコチゲレンデで、いかに子供のやる気を出させるかだけを
議論していた今シーズンだったもんで、すっかり忘れておりました 笑
スノーボードは全てが面白い。ようやくシーズンがあけました。

 

散々議論したかいあって、最高のルーティン。
今シーズンの、このタイミングこの条件で、午前中はまさかのひたすらパウダーをGET。
さすがにパウダーが無くなった午後は、もうひとつの狙い、
とにかく滑りまくるということにターゲットを変えて、ゴンドラ回しでひたすら壁トレイン。
脚が折れそうになるくらいにまで追い込んで、それでも地形HITを繰り返して、体悲鳴の大満足。

 

もちろん、必然の偶然で集まった面々とは、当たり前の如くSESSIONも開催されて、
久しぶりな人、初めて会う人、毎度の仲間、スタイルは多少違えども、

その違いがむしろスパイシーに味付けされて、ごちゃまぜに混ぜ込んでワイっと

チャンプルにSESSION出来るのは、SNOWBOARDINGの最もサイコーなトコロ。

今シーズンも、やっと味わえました。

 

 

 

 

 

 


SNOWBOARDING IS GOOOOOOOD!!!!





関連する記事
コメント
コメントする