home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
GW FAMILY SNOW TRIP

 

平成から令和へ、そして10連休に沸いた今年のゴールデンウィーク。

 

GWに限らず4月も後半になると、キッズスペースがあるゲレンデも限られてくるし、
そもそも雪はどんどんと少なくなってくるなかで、雪じゃなくて子供の過ごしやすさで
ゲレンデをチョイスするっていう感覚も、さすがに限界な感じが出ちゃうんで、
そこまでするならGWは滑らずに他の事して遊ぼうぜっていう感じだったんです。ここ数年は。

 

しかしながら今季。いよいよ長男は自力で滑るようになったし、次男もタンデムで滑れるようになったし、
4月に降雪もあったりで、雪の量も十分に遊べるだけの具合で残っているし、
それならば、久しぶりにGWに雪の上で遊ぼうかと。

 

GW前半戦は雪山遊びを絡めたTRIPに行ってきました。

 

 

DESTINATIONは志賀高原エリア。
春スノーボーディングのメッカ的エリアのひとつであり、
自分的にも10年位前までは何年間も連続で志賀高原でGWを過ごしていて、
当時は草津温泉から上がって、横手山のゲレンデを滑ったり、渋峠界隈でDIG SESSIONしたりして、
夜は草津温泉で遊んだり、その界隈のキャンプ場に泊まってアウトドアパーティーしたり、と、
ON SNOW/OFF SNOW両方でたくさんの思い出が残っている、大切な場所。

そういう大切な場所へ、今度は子供を連れて戻れるっていうのは、FAMILY TRIPの醍醐味なわけで。
また新しい思い出も出来て、ナイスなトリップになりました。

 

 

三泊四日のショートトリップ、ON SNOW二日、OFF SNOW二日で、どの日も存分に楽しかったものの、
最大のトピックはDAY2。TRIP中で最も天気も良かったこの日は、我が家に加えてもう1家族が合流して、
いよいよ今シーズン最後になると思われるFAMILY SNOWBOARDING SESSION DAYに。


ラストを飾るその舞台は、志賀高原の中でも最奥の、奥志賀高原をセレクト。

普段のファミリースノーボーディングは、子供達の安全のために、出来るだけ狭くて、
知り尽くしたゲレンデをチョイスすることが多いんだけど、この日は完全にその逆のゲレンデ。
奥志賀高原は、全員が初めてで、誰も全く知らない上に、ゴンドラも架かっている程の規模の、
広くてスケール感あるゲレンデ。大人達もコースマップでいちいち確認しながら、

楽しそうなコースを探しながら、見つけながら。ラストを飾るにはナイスなチャレンジ。

 

いつもはお互いのことはほぼ気にせずにマイペースで滑っている子供達も、
知らない場所故の不安感とドキドキ感を本能で感じるのだろうか、この日はそこまで暴走せずに、

今シーズンで一番、みんなで一団になって滑ることが出来たなぁ。
子供達も疲れたとか、休みたいとか、もうキッズスペースに行きたいとかっていう、
ネガティブ発言も言うこともなく、ゲレンデ中を駆けずり回って4時間ぶっ続けで滑りどおし。
今シーズンの頭ではリフト2回でもうおしまいって感じだったのに。いやー、、成長しました。

 

子供らがここまで滑ってくれれば、大人も隙見て壁当てたり、ジャンプしたり、、
ってのは余裕で出来るもんで、しっかり遊べて全然楽しめちゃう。
そしてその姿を見て、子供も壁に行ってみたり、今までと違うラインを攻めてみたり。

これってまさに、SESSIONなんだよね。今までも、今もなお、慣れ親しんで楽しんでいるヤツ。

それがいよいよ子供と一緒に出来るようになって、、サイコーでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く知らないゲレンデをチョイスしたにも関わらず、1日中でも楽しくSESSIONが出来るとなれば、
来シーズンからはまた、色んな選択肢が増えてくる。
今まではあえて避けていた白馬や妙高のビッグゲレンデにチャレンジしてみるのもいいし、
東北とか、岐阜や北陸とか、全く行ったことないようなエリアにTRIPに行ってみるのもいいかも。

 

シーズンラストにして、来期に繋がるイメージをさらに高められたのはナイス。夢広がるなぁー

そんな、子供の成長を感じて、楽しみのチャンスがさらに増えていくっていうサイクルは、

FAMILYになって初めて感じた、最高に幸せなライフスタイル。どんどん広がります。嬉しー!!

 

 

サイコーなGW SNOW TRIPでした!!

 





関連する記事
コメント
コメントする