home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
COME BACK MOUNTAIN

 

子供が生まれる前は、第2のハイシーズンの春はBACK COUNTRYの季節と決まっていて、
3月中旬から雪が無くなる5月の中ごろまでは、毎週山に登っては滑るを繰り返していたんだけど、
子供が生まれてからは、交代制という性質上、そのスタイルを持続することはなかなか困難なので、
BACK COUNTRY遊びは当分の間いったんSTOPさせて、
その代わりに春は、各地の人口地形イベントを行脚したり、
スノスケや雪板での遊び方を始めたり、子供と一緒でも遊びやすいスタイルを身につけてきた。

 

STOPといっても、止めるというよりは、休むという意味合いが強く、
子供の成長と共に、SNOWBOARDING STYLEはまた変化していって、その流れの中から、
また出来るようになる日がくることは、自分らの気持ち次第なわけで。

 

そしてこの週末。6年ぶりに、夫婦揃ってのBC SNOWBOARDING、カムバックしてきました。

 

 

そうはいっても子供はいるわけで、子守りをしないわけにもいかないので。
夫婦揃ってといっても、一緒に登って滑ったというわけではなく、交代制バックカントリー。

 

1DAYを午前・午後で分けての2Rスタイルで、片方の親が子守りをしながら、もう片方が滑るという構成。
そーなるとなかなか忙しいので、1R単体ではショートになってしまうものの、それを補うはやっぱりメンツ。

今回は、揃いも揃って総勢9人。子連れスタイルになって以来、昔みたいにBC1発やるのも

苦労するような状況ではあるものの、それでも一緒に滑ってくれる仲間がいることに感謝っすね。

BCだけは、かなりの覚悟がないと、家族だけで完結できる遊び方じゃないんで。

 

AM1発目は嫁に譲って。走るザラメのナイスコンディションも、

6年のブランクはやはり長かったようで、ハイクアップはなかなかのキツさだったみたい。

俺はひとり子守りでそれ以上にキツかっただろうけど 笑

 

 

 

 

 

 

嫁に先にいかせてあげたことで、自分の時間は午後の2R目から。
1R目は雪はがっつり走ったってことだったけど、そこから一気に昇温も進んじゃって、

心配はしていた通りに予想は的中して、午後の2R目はがっつりストップスノー。

 

1R目のように板も走って快適に気持ちよく滑り終えてサイコー!ってことにはならなかったんだけど、
走らない雪に突き刺さってフラフラになったり、耐えまくったりってのは、大笑いの連続だったし、
小さなセクションみつけて、なんとか少しでも遊べるポイントをHITさせて滑ったり、
ヤジ、ののしりあい、言い訳、爆笑、が9割で、そして時々イエー!!

 

 

 

 

 

 

「わざわざ自力で山登って、滑ってみたら全然板が走らない」なんて、
冷静に考えりゃホント最悪の出来事なんだけど、そんなこと全く影響しなくって、
板が走らないことさえ笑いに変えれたり、ぎりぎり楽しめるせこいポイントをみつけて、
気合で遊び尽くしたり出来るって、最高に素晴らしいこと。
このSNOWBOARDINGって、仲間あってのSNOWBOARDINGってことで間違いないわけで、、

やっぱり今回は仲間に感謝感謝のSNOWBOARDINGでした。

 

 

AZZZSSS!!  OUR SESSION BUDDIES , OZISANS!!!





関連する記事
コメント
コメントする