home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
FAMILY RIDING SESSION

 

ON SNOW JAMの翌日は、前日のカッチカチから一転、ドピーカンのスプリングコンディション。

今季はずっと雪がよかったから、ひたすらパウダーSESSIONの連続で、楽しすぎだったんだけど、

一方でスプリングコンディションが炸裂する日もまた、ずっと楽しみにしていて。

 

春になったらやりたいと思ってたのは、家族全員で滑るマイファミリーセッション。

昨シーズンに一度やったときは、長男はまだ紐で繋げながら滑らせていたんだけど、

このあいだその紐も取ったので、いよいよ本気でフリーランSESSIONの形に近づいたってわけ

 

ということで、主として滑る長男に対して、嫁は長男を教える先生役、

次男は嫁に抱っこされながら、おもちゃの刀を持って威嚇する鬼教官役、

そして自分は雪板に乗って、長男と一緒に切磋琢磨する生徒役、でのファミリーセッション。

 

親父も、息子も、"コケないこと"ただその一点に集中して、夢中になって転げまわってきました。

 

 

昨年の秋口に、ゲレンデで子供と滑るときのために創った雪板。

子供と滑るときのためといっても、子供が滑っている脇で自分も楽しみたいから、

って理由じゃなくて(もちろんそれもあるんだけど)、あくまでも一緒の気持ちで滑りたいっていう理由。

父は教えて子は教わる、という縦並びの主従関係じゃなくって、父も子も横並びのイーブンな関係で滑りたい。

つまりはSESSION。SNOWBOARDはSESSIONが一番だから。

 

そうはいっても文字通り、大人と子供の差があるわけで、普通にSNOWBOARDINGしたんじゃ

なかなかガチなSESSIONとはならない。そこで、大人は雪板に乗る、というわけ。

SESSIONの相手が、たとえスーパー初心者であっても、子供であっても、

コチラが乗る物を変えてあげれば、いくらでも目線を揃えることは出来る。

目線さえあっちゃえば、どっちができるだけ転ばずに長く滑っていられるか、とか、

どっちの方が先に滑り降りれるか、とか。もう、全然SESSIONになるんだよね。

 

タンデムで一緒に滑ったりとか、紐で繋いで後ろからサポートしてあげたりとか、

今までも一緒にSNOWBOARDを楽しんできたんだけど、それとは全く違う感情。

子供と一緒になって、板を動かす難しさに直面したり、思った以上にスピードが出ちゃってビビったり、

子供より自分の方が先にコケたり、それ見て子供も自信持てたり。

そしてお互いに、長く乗れたり、転ばずに滑れたりしたら、思わず笑みがこぼれちゃう。

 

最高に楽しいSESSIONでした。イエイ!!

 

 

 

 

 

ちなみに、楽しく滑れるのかどうか謎めいていた、ゲレンデコンディションでの雪板ライドは、

もちろん転げまくりで、余裕で滑れるとは言い切れない、難易度高めな感じだったけど、

コントロール不可能かといえば、そこまでではなく、上達できそうな余白は十分感じれた。

そしてなにより、完全に楽しい。

子供とどっちが先にノーコケTOPtoBOTTOMいけるかなー。いやー、、楽しみがまた増えたぁ。

 

 

さーて、いよいよ3月。少し早いけど、ここからは第二のハイシーズン。

子供もすげーテンションアゲてきてるし、これからのSNOWBOARDINGもまた、楽しみ楽しみ。

 

 

家族でさらに加速させます!!

 





関連する記事
コメント
コメントする