home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
FEBRUARY SNOW TRIP -DAY1 LOCAL GELANDE TRIP-

 

ハイシーズン2月のど真ん中に三連休。日本で最も雪山・ゲレンデが混雑するだろう週末。

混雑との戦いとなるので、毎シーズンどうするか考えるわけだけど、

今季はそれに加えて、週の中ごろに山でも雨を喰らって、

その後金曜くらいから場所によっては降雪あり、な感じ。

でもどの程度降ったのか、、までは不明。そして週末はもしかしたら結構降るかも。

そんな、ビジターからすると、全くコンディションが読めない三連休。

 

どこでどう遊ぼうかと、前日まで悩んで決めたのは、、

特にがっちりとは決めずに、雪の状態を見ながら、タイミングを見計らいながら動くというスタイル。

 

 

そんな流れの中でも、とりあえずは最初の目的地くらいは決めないといけない。

じゃあどうしようかってことで、どうせならあまり行ったことない場所に行ってみるか、と。

 

狙いを定めたのは、魚沼エリア。

このあたりは、首都圏から行くには少し遠いっていう以前に、

その手前の沼田、水上、湯沢、石打を通過中に、ゴマンとゲレンデがあるんで、

なっかなか足が進まないエリア。

 

一方で、日本でも随一の豪雪地帯でもあるんで、

地域密着型の零細ローカルゲレンデはめちゃめちゃたくさんあって

僕らが普段馴染んでいる、ビッグマウンテンを中心とした集客型リゾートスタイルや、

バックカントリーを中心としたマウンテンアセントスタイルとは全然違う、

ある意味でクラシックなスノーカルチャーを形成している。

 

子供が生まれて以来、六日町や須原などで、少しずつそのフェイスを感じる旅をしてきたけど、

まだまだ知らないゲレンデ、触れていないカルチャー、、は多い多い。

ということで、三連休のまず最初のスタンスは、零細ローカルゲレンデ訪問の旅ってことに。GO TRIP。

 

目指すはリフトもコースも数本のような小さなゲレンデ。

さすがに一日中そこで遊び切れるのかもわからず(自信なし)だったんで、

午前と午後でゲレンデをはしごするスタイルで。

 

AMに最初に行ったのは、シングルリフトが1本だけ架かる、これ以下は無いってレベルの小さなゲレンデ。

それでも斜面的には、短いながらも30度近くはありそうな、なかなかの非圧雪斜面がひとつあって、

その斜面で雪板で遊ぶことが目的。回数券を5枚ほど買って(1000円分)GO。

 

 

三連休といえどほとんど誰もいないんだろうっていう狙いで行ったんだけど、

二人ほど、明らかに纏うオーラが違う人がいて。PRANA PUNKSに乗る人と、241を着る人。

そして感じるその人らの視線 笑

あ、この感じ、波乗りでローカルポイントに入っちゃったときの感じと似てるぞ、と思ってソワソワしてたら、

「今日の雪だと雪板結構きついっすよー」みたいな、やさしいアドバイス 笑

 

さらに話すとなんと、インスタで繋がっている人ということが判明し、

最後の1本は、裏のコースを案内してくれて、三人で雪板SESSIONすることに。

(ちなみに裏のコースは、ゲレンデマップには全く載ってなくて、なにこれって感じがまたイイ。)

 

言われたとおり、雪は難しく底着くし、思った以上に斜度あるし、久々の雪板だし、

乗る板はシェイクダウンだし、、ってことで、コケまくりでほとんどまともに滑れなかったけど、

偶然にも地元ローカルさん達との暖かいおもてなしSESSIONも実現して、

すげーいい気持ちになれました。ありがとうございました!!

 

 

午後からは、ゲレンデを変えて、小出スキー場へ。

小出ICから出て国道沿いを走っていると、小高い丘の上にリフトと斜面が丸見えてる、

まさに地域密着型のゲレンデって感じで、一度行ってみたいと思っていたゲレンデ。

 

行ってみてまず驚いたのが、ピークからの景色。

小出の街は、ゲレンデに行く途中に通過するんだけど、アーケードがある商店街があったり、

集落というよりは、生活感のある、しっかりとした街。そんな街中から5分でゲレンデに到着。

街とゲレンデがその距離感だから、ピークから見ると、リフトは街から直接架かっているように見える。

まるでマンションの屋上から見たような景色。そんな景色のゲレンデは、今までほとんど記憶にない。

 

 

そして、その景色からのイメージ通り、完全に地域に根ざしたユーザー層。

お父さんお母さんに連れられたキッズ達はもちろんのこと、

地元の中学生や高校生くらいのヤングガン達もたくさん集まっていて、

しかもスーパーキッズ、スーパー中学生っていうわけではなく、そんなに上手すぎない滑走レベル。

中学生くらいの女の子三人組でリフトの列に並んでいて、クラスメイトの男子の話とかしちゃってて。

 

あーこの子達って、東京の自分らがゲームセンターとかカラオケとか、公園とか放課後の学校とか、

そういう場所で遊ぶのと同じ感覚で、ゲレンデで遊んでいるのかなーって。

雪の上で遊ぶことが生活の中に自然と組み込まれているというか、、

あの子らにとっては当たり前なんだろうけど、東京人の自分にとっては、改めて面喰らった感じ。

 

そして、自分の子供らも、東京人といえど、雪の上で遊ぶことを特別なことにさせたくはないと思ってる。

そういう意味でも、子供達には、もう少し成長してまわりが見えてくるようになったら、

時にこういうゲレンデで滑る機会を作ってあげることは、絶対にいい気がした。

ゲレンデの規模やスケールだけではSNOWBOARDINGは語れないっすね。

まだまだ来ることになりそうです、魚沼。

 

 

旅は二日目に続きます!!





関連する記事
コメント
コメントする