home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
THIS IS OUR SNOWBOARDING

 

先の週末、土曜は前日降雪からの晴れ予報、かつ日曜夜には山でも雨が降りそうな雰囲気。
1月終盤から2月頭にかけて、山で雨が降るのはもう、毎年恒例な感じになってきてて、
温暖化とか色々考えさせられるけれども、、雨が降るのはしょうがない。
立春ですし、季節の変わり目ってことです。

 

まだまだシーズンは始まったばかりだけれども、この雨で第1シーズンは終わりかなーって感覚。
そんな第1シーズン最後の土曜日は、ピーカンパウダー予報。
ここは逃せません。またもや裏山へ。

 

 

先の週末のBIG STORMで遊んでいた山へ、おかわりチャレンジ。
そのときはずっと降雪していたし、ガスも出ていて基本的には真っ白、
森の中でなんとか近距離の視界をとって遊んでいたわけで、山の全容なんかは全然わからずでした。
まだ記憶が鈍っていないような状態で、出来るだけ早く、
ちゃんと視界が取れる状況で復習しに行きたいと思っていたんで、ジャストタイミング。

 

アテンダーとして数年来この山を1ピッチずつ探求し続けているヤスオパイセンを迎え入れ、メンツは完璧。
せっかくのドピーカン、復習だけで終えるのではなく、さらに一歩奥の世界へ、歩みも深めて。

 

子供が生まれる前までは毎週毎週やり続けていた、バックカントリーSNOWBOARDING SESSION。

単純にパウダーが好きっていうだけじゃなくて、雪がいい時に、その雪を最大に遊べる地形を探しながら、

雪や地形に細心の注意を払いつつ、あーでもないこーでもないと全員で感度上げて、探検心。

色んな発見や導きを感じつつ、1本1本を大事に、みんなで滑るっていうSESSIONは、やっぱりサイコー。
ゲレンデを効率的にぐるぐるぐるぐるするのも大好きなんだけどね。

バックカントリーでもゲレンデでも、スノーボードでもスノスケでも雪板でも、

その日に最も相応しい遊び方を、自由なマインドで、みんなで選んで遊べるっていうことが大事だし、

それこそが雪の上を板に乗って遊ぶこと、SNOWBOARDINGなんだと思う。

今週もまた最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

交代で山遊びを楽しんだら、ザックを置いて、次は子供達の番。

子供達お待ちかねのタンデムライドSESSION。

かつての選択肢の中にはなかった、子供とのSNOWBOARDING。

ついさっきまで、無人の裏山でうねり狂い、雄たけびを上げていたことを思えば、
そしてもちろんまだまだもっともっと、その激しく燃え上がれるフィールドを遊びつくしたいけど、
この大きすぎるギャップこそが、今の自分達の理想的なスタイル。
子供達にこの遊びの楽しさを伝えられるってことは、さっきまでの雄たけびと同じくらい、喜ばしいもんで。

 

 

 

子供らも満足いくまで滑らせた後、最後にボーナス。
一年ぶりに夫婦で滑るチャンスをいただけました。

日射があって気温が上がった後の夕暮れなんで、雪はもうカッチカチだし、ボッコボコだし、

さっきまですげーいいの滑ったから、もういいかなーと思うようなコンディションなんだけど、

それでも夫婦でしつこく楽しく滑れるってのは、ある意味ではSNOWBOARDINGの楽しみが

増えているっていえるのかも。これは本当に素晴らしいこと。

そしてもちろん、その間子守りしてくれていたマイメンには大感謝!!

 

 

 

一日の間にもクルクル変わる、色々なSESSION。

まー大忙しなんだけど、雪がいい時期はこうやって、いいところをしっかりとGETしながら、

裏面で子供と遊ぶ時間も共存させていくっていうSNOWBOARDINGが、ずっと目指してきたスタイル。

いよいよそれが現実になってきたことを実感できて、ナイスな第一シーズンを過ごせました。

 

さーて第二シーズン。さらに加速させて楽しみます!!





関連する記事
コメント
コメントする