home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
2019 SNOW SEASON OPENING TRIP

 

年越しキャンプから帰ってきての、翌日1月2日からは北へTRIP。
送ればせながらの2019 SNOW SEASON OPENING TRIPへ行ってきました。

 

 

シーズンインが遅れたというより、のんびりになってきた理由は、
単純に今季は雪付きが遅かったって理由が一番だし、
波乗りやらキャンプやら、他のも楽しめる遊びの選択肢があるからってのもあるんだけど、
シーズンオープンは焦らずじっくりやりたいって気持ちもある。

なにしろ、子連れファミリースタイルになって以来、毎年そうなんだけど、
シーズンの入り方ってホント難しい。難しいというか、どうなるかわからない。

 

自分ら大人の目線だと、雪山へのテンションはファミリースタイルになっても何も変わらないどころか、
むしろ上がり続けているんだけど、そのテンションの上昇カーブと

子供達の気持ちや身体能力がついてくるかってのは、当然ながら完全に別の話。

むしろ大人の本気で燃えたぎる情熱のペースについてこれるガキンチョなんて、そうそういるはずないわけで。


そうはいったって、ひと冬の間、子供達には付き合ってもらって、大人の都合で雪山を連れまわすわけだから、
子供達のスタンスを完全に無視してないがしろにするわけにもいかず。。
そんなわけで毎年、今季はどんなシーズンになるんだろうって、、

SNOWシーズンは9割の楽しみと1割の心配みたいなのが、混ざりあった感覚から始まる。

 

ということで、年始めは今年の状況へのジャブ打ち調査というか、足慣らしってスタンスで、
子供達は雪に慣れて、移動や待ち時間や温泉や車中泊といった冬の週末の生活に慣れてもらって、
ついでに雪の上を滑る(今はまだ滑らされているに近い)感覚を思い出してもらって、
さらについでに自分らは出来るだけがっつり滑りたい、という発想の元でのTRIPをするようにしている。

 

今季のTRIPもそんな感じで、4日間で4つのゲレンデを巡る旅。

基本的にはオープンラストで濃密にやりきるってわけじゃなく、終始まったりペースではあったものの、
20年近くぶりに本州でのナイターを楽しんだ1月2日、
想像以上に降ってくれて、朝から晩までパウダーだった1月3日に続いて、
1月4日は前々からやろうやろうといい続けてきていたパイセンクルーからアテンド頂いての初SESSION、
最終日1月5日は毎度お馴染みの方々とのあけおめことよろSESSION、と、
自分&嫁はしっかりと滑りSESSIONする時間を作りながらも、その合間を使って、
長男は自力で滑ったりタンデムしたり、念願のナイター、ゴンドラ、フード付きリフトにも乗れて超ご満悦、
次男は滑っちゃいないけど、雪の上やキッズスペースで遊ぶ感覚を取り戻してもらって、
家族全員でPEACE & HAPPYに雪山をみっちり楽しんで、無事にシーズンインできました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末寒波を皮切りに、その後はわりとひっきりなしにSETも入ってきていて、
まだまだ少なめではあるものの、十分遊べるだけの雪は付いてきたっぽいし、
久々に新調したギアの類もがっつり楽しめそうな感覚を得れて、
なにより今季もまたSESSIONABLEなSEASONにできそうなんで、心の底からワクワクが止まらないっす!

 

 

今シーズンもよろしくお願いします!!

 





関連する記事
コメント
コメントする