home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
XMAS PARTY & SURF FAMILY SESSION

 

12月23日は天皇誕生日の祝日。今年もそうだけど、土日と絡んで連休になることも多く、
今まで数々のいい思い出を経験してきたビッグウィークだけど、
来年からは平成も終わって祝日じゃなくなるということで、今年が最後のビッグウィーク。

5年前なら一択で雪山TRIPに出かけていたんだけど、
去年は志向を変えて、伊豆白浜の天国・ヴィラ白浜へクリスマスパーティー&サーフTRIPへ
行ってみたところ、素晴らしく楽しかったんで今年もおかわり。

SURF & Xmas Party TRIPに行ってきました。

 

 

去年は2家族でのFAMILY SESSIONだったんだけど、今年は規模倍増させて4家族合同総勢14人が集合。

 

増えた面々は、元々友人介しての繋がりというか、顔見知り以上の友人関係ではあったんだけど、
今年に入ってその関係から一歩踏み込んで、1月に雪山SESSIONしたり、5月にはSURF CAMPしたりと、
1年通して家族ぐるみでSNOWBOARDING、SURF、CAMPと遊び方変えながらバッチリ楽しんだメンツ。
そんな一年の流れの締め的にも、こうやて年の最後にまた、ぐっと集まって遊べたのはホントに嬉しい。

 

子持ちファミリーになって、幼稚園だ保育園だとか、学校だとか、ご近所さんだとか、
日常生活圏内での人脈はどんどん広がっているし、これからも増えるんだろうけど、
本気での遊びを年に何回もSESSIONできるBUDDYって、そうそう増えるもんじゃないし、
知り合いにはなれたとしても、親睦を深められるかどうかってのも、また別問題なわけで。

 

去年のこのトリップのブログの中で宣言していた、
「同じ遊びを同じバイブスで楽しめる仲間を、大集合で集まって、大人と大人、子供と子供、
子供と大人、世代をぶち抜いたセッショナブルなライフスタイルをクリエイトすることが、夢。」
っていう部分に、一年間で少しは近づけたかなぁと思うと、、ナイス!

 


今年はあいにくの空模様で、去年のように海ベースにして遊ぶことはかなわなかったんだけど、
代わりに今年からヴィラ白浜の部屋をパワーアップさせて、憧れの一番広い部屋にステイ。

こだわりが詰まった素敵過ぎる部屋は、泊まれるだけでもウキウキ出来ちゃう感じで、子供達も大興奮。
2歳〜4歳の子供らが6人も集まってドンちゃん駆けずり回れば、親達はてんやわんやになりそうだけど、
それでも全く苦にならない広さとゆとりがあって、ホント超快適。
なんとか雨が止んだ隙をついて、外の芝やトランポリンでも遊べたし、
共有ホールでのボルダリングやハンモックでもばっちり遊んで、今回もまた子供達はずっと遊びっぱなし。
人数が増えたおかげで、互いに同世代KIDSや同姓KIDSも集まれたんで、みんな大満足で楽しそうだった。

 

 

 

 


一方で大人達は、片目で子供らの動きを注視しながらも、酒飲んでワイワイってスタイルをキープして、
みんなでパーティーの準備でご馳走作ったり、部屋の飾りつけをしたり。
普段の日常では全然楽しいと思えないクッキングも、みんなで集まってやると楽しいSESSION。
部屋に備え付けられている蓋付きBBQコンロで鳥の丸焼きに初挑戦。旨くできてアガった〜

 

 

 

 


もちろん全員SURFERだから、パーティーの合間にはしっかりと波乗りSESSIONもメイク。
「今日は子供達のための日だから、、、」的な雰囲気には全くならないのが心底頼もしいところ。
特に初日なんて、オンショア超ブンブンで雨もザーザー、誰も海に入っていないようなコンディションながら、
それでも少しだけでもみんなでSESSIONしようぜ!っていう。。ホント最高だった。

 

子持ちファミリーになって、それでも波乗りやSNOWBOARDを本気でやり続けるって、マジで大変なこと。
それまでとは全く違う悩みにぶつかるし、諦めなきゃいけないことも多いし、遠ざかっちゃう場合も多い。
そんな中で、こうやって子持ちファミリーどうし親どうしでSESSIONするってのが、
最大の推進力になると思うし、なにより楽しい。
この先にはきっと子供らもSESSIONに加われる日がくるだろうし。それはまだまだ続く夢として、ね。

 

 

 

 


そんなわけで一年の最後を締めくくるイベントとしては最高な具合で納まりました。
2回続いたってことで、来年もまた、さらにパワーアップして続けていきたいね。

また来年やりましょ!!
 

 

HAPPY Xmas!!!

 





関連する記事
コメント
コメントする