home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
MODERN HIPPY TRIP

 

まだまだ暑い日も続いてるけど、あっという間にお盆休みも終わり、8月も終わりが近い。

 

お盆休みといえば、数少ない日本の長期休みの中でも花形的存在でありながらも、
暦の上ではもう夏の終わりに近く、それでも、盛夏が続いていればものすごく暑く、
それでいて晩夏ゆえの不安定さも秘めていて、夕立、スコール、ゲリラ豪雨も発生しやすく、
台風がきて大雨になるときもあるし、いきなり秋が炸裂して肌寒いときもあったりする。
要は、天候はあんまり安定せず、イメージとは違って意外と磐石な外遊びはしづらかったりする時期。

 

記憶に新しい去年の夏休みは、呆れるくらいの悪天候続きで、
それを乗り越えて遊ぶために、晴れを求めて車泊TRIPを敢行したんだけど、、
いかんせん家族4人でVOXYで寝るのは狭すぎて、自分は3人の足元でコの形で寝たり、、まー大変だった。

 

そんな、自然条件的には案外遊びづらいのが夏休みなんだけど、そうはいっても今後、
子供達がさらに成長していったら、学校だなんだで子供らももろもろ忙しくなっていくし、
そうなっていくと時間条件的にまともにじっくり遊べるのって、結局夏休みってコトになる。

要は、遊び続けるためには、ある程度の自然的悪条件は乗り越えていかなくてはならないのだ。
という結論に至って、キャンピングカーの購入を加速させた、、というプロローグがあるんです、実は。

 

そしてその考えが試される、初めての夏2018。車泊TRIPへ行ってきました。

 

 

今年は歴史的早さで梅雨が明け、その後は記録的な暑さの酷暑が続き、
その間は全く雨が降らずのド安定で、暑いながらもこんなギラギラした夏休みもいいなぁーと思いつつも、
こんな状況のままお盆まで突入するわけない、、と薄々思い続けていたんだけど、予想はズバリで、
8月になってからは台風の影響を受けだして、お盆休みはがっつり不安定な天気に。
天候は晴れ安定に越したことはないんだけど、キャンピングカーTRIPの能力を試すにはいい機会と捉え、
雨マークが続く天気予報の中を突っ込むことに。


とりあえずの最初のディスティネーションは長野。
暑いので、ある程度標高を上げれる北信エリアに向かって進み、それから先は天気と気温と日程と気分次第で
その後の方向を決めていく、という、恒例のmodern hippyスタイルな自由の旅。


まず向かったのは戸隠で、ゆっくりファミリーキャンプ。
今までの車泊トリップだと、途中にキャンプを入れ込むのは、準備と撤収の手間を考えると結構億劫で、
意外とあんまりやってこなかったんだけど、キャンピングカー泊にしてからはだいぶハードルが下がって、
なおかつ逆に車泊トリップだと、SAや道の駅泊がメインになるから、
車の外でゆっくりしたりBBQを楽しんだり自然の中で夜を過ごすってのは、
なかなか不可能になるわけだから、両取りできるのキャンピングカー泊の柔軟性は最高にナイス。
時折雨くらいながらもじっくりキャンプを楽しんで、その後は戸隠神社と忍者からくり屋敷を繋いでから、
夜は地方の小さな花火大会までトラバースしてクラシカルジャパンを堪能して、序盤戦の二日間は長野の旅。

 

 

 

翌日は大雨。できることと向かう場所を検討した結果、一気に日本海側まで北上して、上越市の水族館へ。
雨なら雨でも楽しめるコトに柔軟に切り替えて。子供らはイルカやペンギンにかなりの興奮だった。

 

その日は大雨で全く気温も上がらずじまいだったから、暑さは気にせずそのまま標高0mの
海沿いで車泊ステイして、翌日は北アルプスの北端の親不知を散歩。
その後は日本海での海水浴で遊ぶつもりだったんだけど、前日の低気圧の影響で、波がとんでもない大きさに。
もちろん海水浴はできないけど、糸魚川のコーストラインではヒスイコーミングができるということなんで、
石ころ拾いをして楽しむ。意外と子供らはこういうの面白がるから。
海水浴が出来なかった分、最後に温水プールを経由して、しっかり泳いで遊ぶこともメイク。
そんな新潟日本海側での中盤戦の二日間。

 

 

 

その後は南下して長野にカムバックして、白馬。
白馬では前々から行きたいと思っていたポイントへロケハン。
想像よりもはるかに広大な空き地?公園?で、しかも人もほとんどいない。最高のロケーション。
まずはゆったりと、この旅3度目のBBQで楽しんでから、その後は川沿いの道をスケートダウンヒル。

ひとりでさくっと楽しもうと思ってたら、子供らからすぐに一緒にとせがまれ、ひとりずつ順番にSESSION。
結局自分ひとりでは1回しか出来なかったけど、息子達とのSESSIONは最高だった。また来よう。

翌日は白馬五竜のゴンドラに乗って、一気に標高1600mの世界へ。そこから軽いトレッキング。
ゴンドラ使って超簡単とはいえど、そこは北アルプスの稜線の上。景色は最高だし、最高に気持ちいい。

 

夏の白馬は久しぶりに来たし、昔はヤマノボリに来てただけだから、登ったら温泉入って飯食って帰る、的な、
要は遊び方こそ違えど冬とあまりスタイルは変わらず、、なんで、白馬をゆっくり堪能したことはなかった。
今回はずいぶんとゆったりと過ごせて、まだまだ白馬は楽しめるコト多そうだなぁと感じた、終盤戦の二日間。

 

 

 

そんなこんなの5泊6日。予報どおり期間中の天気は全くの不安定で、
ほぼ毎日雨が降り、灼熱の天候もあり、大雨もあり、秋めいた寒さもあり、、
何するにも天気を見ながらって感じで、気安くロングトリップって感じじゃなかったんだけど、
そこはさすがのキャンピングカー。悪天候のギャップはあっさり乗り越えてくれて、
森に海に川に山に、観光地に、、普段の日常じゃなかなか味わえないような体験をフルメイク。

いつもの海遊びや雪山遊びも最高だけど、それだけじゃない体験の連続も最高。旅の醍醐味ですね。

 

また旅に出ます!!

 

 





コメント
コメントする