home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
RIDE WITH FAMILY

 

今シーズンは3月にまとまった降雪がほとんど無かったという激レアっぷりに加えて、

ここ数日の初夏のような高温、シーズンクローズは刻一刻と近づいてきてますね。悲しいことに、、
やり残しのないようにと、アクセルをぐっと踏み込んで、先の週末は超充実。
まずの土曜日は、ひと月ぶりに家族だけSNOWBOARDINGをしてきました。

 

 

家族だけSNOWBOARDINGとは、言い換えれば長男サニー君の練習DAY。

 

今季4日目だけど、今まではどーせそんなにやらないだろうって事で、回数券でしかやらせてなく、
さらには、子供ひとりずつに親がひとりずつ対応するという、マンツーマン体制で動いていたし、
スノーボード履いているのはサニー君だけで、大人はリフト乗車用に持ってはいるものの、
子供のスピードに合わせて斜面を歩いて(板は手に持って)降りてくるスタイルを貫いていたんで、
家族だけで滑りに来ていたとしても、家族みんなで滑る、っていう感覚は全くなかったんだけど、
今回はもう今季ラストかもしれないんで、いっちょみんなでやってみるか、と。

 

リフト券は大人も二人分買って、大人ふたりは二人ともスノーボードを履いて、
もちろんサニー君も自分の板を履いて滑らせ、自分は滑りながら紐で繋いだサニー君の補助、
嫁は次男サマー君を抱っこして滑りながら、うちら二人の全体サポートを行う、という、
現時点で考えられる最高レベルのファミリースノーボーディングにチャレンジ。

 

そして今回は、こっちからどこ滑るとかどれだけ滑るとかはほぼ指示せず、
サニー君が乗りたいリフトならどれでも乗っていいし、どれだけ乗ってもいいよ、と提案。
もちろんどのリフト乗っても問題ないようなゲレンデをチョイスしているんだけど。

 

そんなオールリフト乗り放題状態に、三度の飯よりリフト大好きBOYのサニー君のテンションはMAXで、
転んでもへこたれても、リフトに乗るために頑張る!って、最後まで心折れず。
頑張り屋なのかなんなのかは結構謎だけど、たいしたもんです 笑

 

 

 

 

 

 

 

15時半も回ったくらいのタイミングで、最後の高速クワッドリフトに乗り込んで、ピークに到着。
そこから1時間かけて自力ライド(紐サポート付きだけど)で麓まで、TOP to BOTTOMを初メイク。
紐サポートがあるとはいえ、総距離3300mのTOP to BOTTOMを幾度と無く転びながらも、
もうやめたい抱っこしてくれという弱音は全く吐かず、
ただひたすら、視線の先や頭上にあるリフトを確認しながら降りてきました 笑

 

マジすごいっす。サニー君のリフトへの執念! 笑

 

↑ひたすらリフト確認しながら滑ってる男、、前向いて〜 笑

 

午後からスタートだったものの、半日で全てのリフトに乗り、3時間半レストハウス休憩無しのぶち抜き。
これだけの時間を家族みんなで一緒に滑りきったのは初めてのこと。
当然親はまともに滑っちゃいないし、次男サマー君は抱っこされっぱなしだし、
家族みんなでSNOWBOARDINGしたって感じはまだ全然ないけど、今までで一番ソコに近づいて、
今後将来までずっと語り継がれるだろう、記念すべき一日になりました。

 

なにより親の自分らとしては、自分らがまともに滑れないなんて全く関係なく、すげー楽しかった。
頑張って滑ってくれたサニー君と、抱っこで付き合ってくれたサマー君には感謝っす。
ホントありがとう!

 

今季中にこんな日をメイクできたってのは実際スゴいデカい。
子供の成長速度考えると、コレが今季なのか来季なのかで、一年が全然変わってくる。
これで来季は、いよいよなレベルのトコまでイメージできるし、
ソコに向けてオフシーズンの間にしっかり準備できるからね。
来季が今から楽しみだけど、今季ももうちょっと続くんで、まだまだ楽しみます!

 

 

そしてこの日とはうって変わって、スーパーハードコアな日曜日に続く!!





関連する記事
コメント
コメントする