home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
2SESSION


 

この週末は、土曜日曜でメンツをガラッと入れ替えての2SESSION。
柔軟でフットワーク軽く動ける時代は、土曜群馬から日曜長野へトラバースとか、
コンディションとメンツが整うトコロに向かって余裕で動いてたんだけど、
足枷がついたファミリースタイルになってからは、実はめっきりやらなかった(やれなかった)遊び方。

 

土曜も日曜も最高でした。

 

 

土曜日は珍しく長野のマイメンが群馬に遊びに来ることになって、いつもとは逆の立場でアテンドすることに。

 

あまたの雪山を越えてこっちにやってくるわけで、もうどこ案内すりゃいいかと悩みに悩んだんだけど、
沼田エリアの中では最もローカルカルチャーが濃く、知名度はあるけど俗っぽく落ちることは無く、
今も昔も日本のスノーボードシーンの中で唯一無二の影響力を放っているクラシックポイントへアテンド。
コチラ、個人的には特に春は最高だと思ってるけど、やっぱり最高でした。

 

 

 

 

群馬エリアって、白馬のようなスケールのデカさはないし、妙高のようにドカドカ降るわけでもないし、
自分らが住む首都圏から近いってトコが最大の特徴かつメリット的な捉え方をしてきた部分も強かったけど、
よくよく考えてみると、それぞれ違う特徴を持つゲレンデが集まるエリアで、キャラ被りが少ない。

 

ロングに滑れるゲレンデもあれば、タイトに両壁が続くゲレンデもあり、スノスケ最高なゲレンデもあれば、
BCエリアに続いていくゲレンデもあり、パイプもあれば、子供滑らせるのに完璧なゲレンデもあり、
リフト2本のローカルゲレンデもあれば、日本随一のスティーブな斜面を持つ山もある。
こうやってエリア全体で見ると、すごく遊び応えがあるってことに、アテンドすることでやっと気がついた 笑

 

もっともっと掘って、コンディションや遊び方に合わせてあっちだこっちだっていうスタイルが
よりスムースによりディープに出来るようになれば、さらに楽しめるエリアになるね、こりゃ。

 

仲間アテンドしてさらにわかるSNOWBOARDINGの奥深さと面白さ。参っちゃいますねー。

 

 

 

そんなわけで土曜だけでバッチリ大満足だったわけだけど、翌日の日曜は、また違うSESSIONへ。
メンツも入れ替わって、天気も変わって乗るモノも変えるっちゅうことで、当然場所も違うトコロへ。

 

沼田エリアの中でも今季は特にお世話になっているゲレンデは、このエリアの中では最大規模の
キッズスペースがあるから、子供連れにとっては最も遊びやすいっていうのがイチバンの理由なんだけど、
それだけじゃなく、スノスケ可能なところもまた、積極的に足が向いちゃう理由。

 

この日もまた春が炸裂して、基本的にはスノスケオンリーでSESSIONするのが目的だったんだけど、
その合間を見計らって、サニー君のスノーボード(オレは付き添いで歩いて)にあわせて、
ホリックなパイセン達がスピード緩めてスノスケで併走してくれて。
サニー君にとっては初めての、自力ライドでの大人とのSESSIONも達成。

 

「待てー」とか、「追いつけー」とか叫びながら、サニー君も異常なほどアガって滑ってたし。
一応壁トレインとかもやってみたり 笑 SESSIONって、本能で面白いもんなのかもね。
歳の差ハンパないけど、大人も子供も笑顔溢れて、最高にピースなSESSIONだった。

バッチバチに燃え上がるSESSIONと、こういうPEACEなSESSION、

両方が当たり前に共存するようなSNOWBOARDING。やっぱり狙いたいトコはそこだなぁ、と。

徐々に近づいてる実感も持ててきてるしね。いやー、、楽しみっす。

 

 

 

 

 

 

お気づきの通り、今回の2SESSION、紐を解けばうちらファミリーはほとんど動かず、
まわりの仲間が合わせこんでくれたおかげで実現した2SESSIONってわけでした。

 

自分がいうのもなんだけど、子連れとのSESISONなんて、面倒なことや条件は増えるくせに
密度はたいしたことないから、積極的にバンバンSESSIONしたい対象じゃないと思う、正直。

そんな中でもこうやって、完全にこっち側に合わせこんでくれる仲間がいることって、ホント幸せなこと。

 

ファミリースタイルになったとしても、自分らがスノーボーダーでい続けるために、

出来る限り、しつこく・深く・濃くって気持ちで掘り続けてるつもりだけど、それだけじゃなくて、

まわりの仲間達が自分らファミリーをいまだにスノーボーダーとして見てくれているから、
自分らがスノーボーダーでいられているっていう部分の方が、たぶん遥かに大きいんじゃないかと思う。

 

仲間達にはとにかく感謝しかないっす。ありがとうございました!またお願いしまっす!!

 


love snowboarding & you!!





関連する記事
コメント
コメントする