home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
CHANGE STYLE ACCORDING TO CHANGE

 

瞬く間に1月も終わって、SNOW的ハイシーズンも折り返し。あっという間です。
2月第一週の先の週末は子供の体調不良が嫁まで伝染して、身体リセットのためにもヨコノラズだったけど、
1月だけで雪山日数は9日と、久しぶりにぼちぼちなペースでSNOWシーズン送れております。

 

そんな1月を振り返って思い出す最大のエピックはやはり、長男のSNOWBOARDデビュー。
そして変化した新しいファミリーSNOWスタイルのトピック。

 

 

SNOWBOARDデビューといっても、現段階ではやらされてる感MAXなんで、やっても1時間ちょっとくらい。
たったの1時間ちょっととはいえ、自分ら大人も滑る気満々だから、この時間を作り出すのは意外と難しい。
他の仲間とのSESSION DAYってなると、なおのことその中にファミリータイムを作るのも大変になるし。

 

だからこそ、子供とのSNOWBOARDINGはタイミング次第にして、自分のSNOWBOARDINGを貫き通すか、
反対に、自分らの滑りはソコソコにして、家族優先子供中心のFAMILY SNOWBOARDINGになっていくのは
どちらも自然の流れなのかもしれない。もちろんそれは悪いわけでもなんでもなく、

マジでどっちもクールだと思ってるだけど、自分としてはその流れからは両方ともアゲインストしたい。

 

ということで出した方法は、今まで日帰りでSESSIONしていたトコロを、泊まりで行くことにして、
1日目は大人達がメインでBIG SESSION。翌日は、ファミリーオンリーでゲレンデに行って、

大人は全く滑らないで、子供たちにSNOWBOARDや雪遊びを思いっきりやらせる時間、

という二日SET構成を基本形にしようと思ってる。今のところ。

 

子供滑らせるDAYは、どうせ1日フルでは滑らないわけだから、朝はこれでもかって位にゆっくりしちゃう。
雪のある地域での冬の朝をゆったり満喫するのは、かなり新鮮で、旅感も増すし、
バチバチにSNOWBOARDINGに燃えるSESSION DAYとは全く違う感触で、これもまた存分に楽しい。

 

ゲレンデではリフト1日券は買わずに、基本的にはちょろっとしたハイクアップで滑らせてあげて、
後は子供の気が済む程度にリフトに乗せてあげたり、雪遊びさせたりで、お金はほとんどかからなし、
そんなメロウさであっても、大好きな雪山で子供と遊べるってのは、それだけでも半端なく満足できる。
そんでもってついでに、帰り出しが昼過ぎになるから、渋滞とも無縁ってのもナイス。

 

 

 

 

 

 

 

このスタイルの中でまた、新しい課題にぶち当たる。子供を滑らせるのに最適なゲレンデってどこだ問題。

 

現状では、斜度は5度とか、ほぼフラットなくらいのコースが理想的なんだけど、
それに見合ったコースを持つゲレンデは、自分のゲレンデストックの中にはほとんど入っていない。
斜度5度くらいのコースなんて、今までは当然視界に入っていなかったからね。
その上で、リフト代は安い方がいいとか、駐車場はタダがいいとか、できる限り空いてる方がいいとか、
ついでに親子SESSIONに備えてスノスケ滑走OKなトコロ、、とか。

 

とにかく、今までとは全く違った視点からゲレンデをジャッジするようになってきて、
今まで捉えていたGOODゲレンデの定義がかなり変わってきてる。
そのうえ結局、斜度の感じとか混み具合とかは、実際に自分の目で見て判断しないとできないから、
おかげで今季はかなり斬新なゲレンデを巡ってる。リフト2、3本のローカルゲレンデばかり 笑

 

でもそんなローカルゲレンデ巡りなSNOWBOARDINGも、全然悪いもんじゃなくて、むしろすげーイイ。
今まで見過ごしてきていた、ファミリーレジャーとしての側面を感じれるのは改めて発見が多いし、
ゲレンデボトムに並ぶ懐かしい感じの食堂とか休憩所とかを見ると、
日本のクラシカルな雪山カルチャーみたいのも感じれて、なぜか不思議と落ち着くし。

 

 

 

 

 

子供が生まれて以来、自分達のSNOWBOARDINGは大きく転換したんだけど、
それ以降も、子供の成長にあわせて、どんどん自分達のSNOWBOARDINGが変わってきている。
子供が生まれる前に一途に望んでいたSNOWBOARDINGをそのまま貫いているとはいえないから、
そりゃ寂しさもあるっちゃあるけど、今の気持ちは、その寂しさ以上に、
こういった変化もSNOWBOARDINGの楽しみのひとつだなーと思うようになってきた。

 

どう変化していくのかは、子供の成長次第だから、思い通りいく保証もないし、読めないし、

でもその変化によって、また新しい楽しさが生まれてきて。楽しさの幅はどんどん増えてる気がしてる。

LIFE STYLEの変化にあわせて、SNOWBOARDINGが変わってもいい。
だってSNOWBOARDINGってのは、LIFE STYLEだから。

 

 

SNOWBOARDサイコーっす!





関連する記事
コメント
コメントする