home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
PEACE FAMILY SESSION TOUR

 

去年初めて開催した、子持ちファミリーだけで集まったファミリーセッションツアー。
去年は2ファミリーだけで開催だったけど、今年は規模を広げて4ファミリー。
とはいえ直前でうちの子の発熱により、うちだけ嫁と子が不参加になり、
3ファミリー+オレという、イレギュラーパーティーだったんだけど。。

 

自分としてはメンツ全員のことを知ってるけど、各々は初対面も含まれるという、

初SESSION含むメンツ構成だったんで、メンツオーガナイザーだった自分は休むわけにもいかず、、
嫁と子にはかなりの迷惑をかけちゃったんだけど、なんとかイメージ通り、PEACEなツアーになりました。

 

 

初対面も含まれるといえど、自分から見ればそんなにはハチャメチャなメンツ構成ってわけじゃなく。
SNOWBOARDINGは各々もう何十年と続けてきているメンバーだから、イイも悪いもわかりきっていて、
滑っちゃえばすぐにHI SESSIONになっちゃえる面々。
そのうえ、4ファミリーいれば、それぞれの子供がなんやかんや言い出したとしても、
最小SESSION人数は3人以上は確保できるって点も、SESSIONするにはナイス。
去年2ファミリーでやったときは自分ひとりで滑ってるってことも結構あったからね。

 

交代制で時間的制約が出ちゃうのはファミリーである以上しょうがないけど、
時間内ではバッチリ全開で滑りまくれて、子供がいなかった時代とほとんど変わらないSNOWBOARDING。
子持ちの親だけで集まって、この感触でSESSION出来るってのは、実は結構スゴイことだと思う。

俺としては今回は交代もなかったんで、みんなと滑れたし。ナイスSESSIONでした。

 

 

 

 

 

 


そんな大人達のSESSIONも目的のひとつだけど、もうひとつはもちろん、KIDS達の雪山遊び。
KIDSは最年長でも3歳なもんで、まだまともに雪山遊びは出来ないけど、雪いじったり、ソリをしたり、、

その中で、今回は二人のKIDSが親の股の間でのタンデムスノーボードを無事メイク。
雪好きの両親にとっては、一緒に滑ることへのファーストステップだし、
そこへの夢みたいなのがあるのはこっちも承知してるんで、、一緒に感動 笑

 

 

 

 

今回はうちの子がいなかったんで実現できなかったけど、次回は親子タンデムSESSIONも出来るだろうし、
やがて子供達は自力でSNOWBOARDINGするように必ずなるだろうから、
そしたら真の意味でのFAMILY SNOWBOARDING SESSIONが出来る時代がくる。

 

何家族ものFAMILY SNOWBOARDER達が集まって、各々みんな親子で揃って、
でも決して子供の引率として大人がいるっていうわけじゃなく、大人も子供もイーブンな関係性で、
一緒になってギラギラになってバッチバチなTRAIN SESSIONをしているような風景。
そんなヤバいSNOWBOARDING SESSIONってのは、今も昔も全然見かけた経験はほとんどないんけど、

これからの時代にはきっとそういうのがどんどん出てくるだろうし、だからこそ、

自分が夢見ているSNOWBOARDINGはそんなスタイル。

 

当然、自分だけじゃ絶対に実現しないわけで、、今回のツアーをその夢に繋げていけるように、、

次回はうちの嫁子も含めて、さらにアツいのやりましょう!!

 





関連する記事
コメント
コメントする