home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
TOKYO SNOW

 

強烈な南岸低気圧が炸裂して、久しぶりに東京でも大雪になりましたね。
地元では30cmオーバーの積雪。十分にライダブルな量。当然やりますね。

 

 

4年前の大雪では、近場の里山に出向いて仲間と雪板SESSIONして遊んだんだけど、
今回はそこまでの積雪は無いので、地元のただの公園にスノートイ(雪板)コース創って遊ぼうと画策。
マジで住宅街の中にある、どこにでもあるような普通の公園で、
ただ家から一番近いってだけの公園なんだけど、自分ら家族がココに住み続ける限り、
この公園との距離感ってのも変わることがない。物理的にも、心情的にも。

 

また数年後に大雪が降ったときに、今度は子供にコースの創り方や遊び方を伝授したり、
最終的には子供が友達らを誘って、大人の手を借りなくてもコースを創って遊べるようにするために、
まずは親の自分がココで経験しておくコトは大切かなぁ、と。

そもそも、この公園で(たぶんこの街で?もしかしたら東京でも??)、

初めてスノートイのコース創って遊んだのは、自分だっていう自負は持ちたいしね。ローカルとして。

 

とはいっても、さすがにマンパワーが全然足んねーから、

スケールとしてはクソみたいに小さいものが出来上がったんだけど、そんなんだとしても、

斜面じゃない故にスピードをつけるのが大変で、スタート台創りが一番大変だったということと、
根雪ゼロのフレッシュスノーなんで、滑りの圧力に耐えられる程に固めるのが困難ってのと、
その辺踏まえて大人ひとりの労働力だと、かなり時間がかかっちゃうってのが、
今回の経験でわかったこと。これはいい経験だった。

 

でも、ひとり黙々とやっていると自然と人が集まってきて、
フレンドリーな子連れお父さんが手伝ってくれたおかげで、なんとか形になるトコロまで造れたし、
子供はソリで遊ばせてあげればすげー喜ぶし、どんどん集まってくるし、
最後はせっかく創ったコースもガキ達に占拠されちゃって大人は引っ込んでろってことで終了 笑

 

まーなんやかんやのすったもんだも含めて、すげー楽しかったってのは間違いなし。

やっぱり東京民にとって、地元で滑れるってだけで、クオリティなんてどーでもよしで、めちゃ最高っす。

 

 

 

 

 

雪が降ったらそこらじゅうに雪だるまが造られてるのは東京でも普通の光景だけど、それと同じように、
子供達が自然と雪板コースを創って遊んでるようなカルチャーが東京の我が街でも育ったら、凄すぎるよね。
すげーでかい夢になっちゃったけど、大きな切り口でいえば、やってることはそういうことなんす。
小さな切り口でいえば、アホなおじさんの困った自己満足なんだけど 笑

 

 

まーなんにせよ、雪は楽しくてイイモンだぜ!

 

PS.今回の雪では息子は熱出して自宅待機のため全く遊べなかった、、チーン、、





関連する記事
コメント
コメントする