home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
SMALL WAVE SHARE SESSION

 

秋の西高東低が抜けて、高気圧に覆われた日曜日。
湘南での波の発生源は無くなり、スモールコンディションが予想される中、海へ。
波がブレイクしないグラッシーな海でのサンライズは、とても静かで、美しい景色でした。

 

 

波情報的には、「×5 出来てもパドル練習+α?」のコンディション。
だからか、日ごろは人が溢れかえってる湘南の、しかも三連休の日曜だっていうのに、
海は見渡す限りの端から端まで、誰ーも入っていなくて、完全無人。
前日が思った以上に小波FUN WAVEがブレイクしたからか、チェックしに来る人さえほとんどいない。

 

これはもう、狙い通り。というかさすがに完全無人とまでは予想してなかったんで、狙い以上 笑
僅かながらのウネリは入ってきていることを確認して、しばらくのウェイティング。
朝イチの満潮から潮が多少引いてきて、大潮の動きに乗じれば、、少しはブレイクするだろう。
後は、乗る板でカバー。ずらり並べたキャッチサーフ5本と自分はLONG FISH。
そう。このコンディションを狙ってきたわけっす。

 

 

1時間程度待って、GET OUT。さっきチェックして狙っていた河口は、多少割れるようになっていて、
待ってれば時にヒザモモサイズの十分ライダブルな波が入るように。
もちろん已然として無人、身内以外とは誰とも争わないから、普段より波は取れちゃうくらいで、乗り放題。

 

そりゃ最高にいい波ってわけじゃないけど、鼻息感じるくらいの近距離でシェアライドしたり、
互いのライディングみてあーだーこーだ言い合ったりっていうリラックス感と、
極小スモールなりの難しさと楽しさがあって、なんやかんやでハッスルしちゃって、
身内6人で独占してSESSIONするには存分に楽しめるコンディション。

いやむしろ、こういうコンディションじゃないとこのサーフィンはあり得ないから、
考え方によってはオンリーワンな最高のコンディションなのかも。。
大人数で集まってSESSIONするときだったり、女の子、子供とかとのSESSIONには
むしろ間違いなく最高で、もっと積極的に狙っていってもいいかもなぁ。
このコンディションが整うタイミングとポイントは地道にストックしていこうっと。

 

なんやかんやで3時間OVERがっつり、心地よい達成感と、回らなくなった腕、
そしてこの時間を共有できたっていうハートフルな満足覚に満たされて、バッチリナイスでした。

やっぱりイイっすね、こーいうのは。皆さんありがとうございました!またやりましょう!

 





関連する記事
コメント
コメントする