home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
feel winter flavor


「おれたちに出来ること」「OVER THE WALL」と楽しみにしてたイベントが続き、
色んな人と久々に再会し、気持ち的には冬に向けてずいぶんと盛りあがったうえに、
「FALL LINE」「frecency」「八甲田」などメディア系の発売もばっちり当て込んできてて、
自然界でも、高山では紅葉の最盛期は終わりを告げ、各地で冠雪の情報も飛び込んできて。
いよいよ冬の足音は、無視できないくらいにはっきりとしてきたわけだけど。

久々に腰を据えて海で遊んできました。


冬の足音と共に、台風21号&22号によるSURFER達の歓喜の雄叫びも、はっきりと耳に届いてました。
波がイイ状態が10日近く続いたみたいで、こんな状態は何年ぶり?みたいな感じらしく。
波乗り三昧だった人も多いと思います。ホント素晴らしいね。

先の週末になると、そのミラクルな状態もおさまって、平穏な海に戻りつつある感じに。
僕にとっては、それくらいがちょうどいい。天気も良さそうだし。ということでSURF TRIPに。
そして場所はやっぱり、秋といえば、伊豆方面へ。







終始優しいレギュラーブレイクが続いた宇佐美から始まり、
コシハラ、メンツルシェイプよし、まさにベストだった多々戸ではサンセット寸前まで入って、
翌朝は雲ひとつ無い青い空に透明な海、そのうえ人も少なく、パラダイスだった入田浜で。
どこのロケーションもそれぞれ素晴らしく、気持ちよすぎで、
首都圏にはないメロウさを感じながら、ゆったりと波と向き合えて。
サーフィンおもろいわーって感じまくれたSHORT TRIPでした。

山の上で、標高3000m近い場所からみた、雲間に沈むサンセットもサイコーだったけど、
水の上で、標高0mの場所からみた、みなもに沈むサンセットも、負けずにサイコーでした。
白い砂。青い空。透き通る水。コバルトな海。南国のよう。やっぱり伊豆、大好きです。



冬の足音を聞けば、興奮せざるを得ないのはもはやサガだけど、
それとは正反対の寂しさを感じるのも確か。

冬もイイ。春もイイ。夏もイイ。秋もイイ。四季がある日本の素晴らしさを感じます。
その季節の持つ、最高のTHE DAYに乗り続けていければと。いきたいわけです。

冬の足音は一歩一歩近づいてますね。もう少し、あと少し。




関連する記事
コメント
コメントする