home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
SUMMER LAST SPURT


早いモンでもう9月。キラキラ輝いていた8月の夏は波の様に過ぎ去ってしまいました。
お盆休み明けからは、ホントにあっという間な感じでしたね。
今年の夏は、かなり海モードでした。



お盆休み明け1発目の週末は、歴史的サイズの台風15号が沖縄方面に接近。
1週間前まで滞在していた沖縄とは全く違う風景がTVから流れていました。
そんな沖縄には申し訳ないけども、こちらはその台風からのうねりでSURF。

本州はがっつり夏の高気圧に覆われてスーパー夏空なドピーカン、
南西うねりをばっちり拾う場所では頭オーバーのポイントが続出。
鎌倉見てきたけど、メロウなときとは明らかに異なる空気感。。熱気みたいのがビリビリ。
上級者にとっては忘れられないようなスーパーTHE DAYだったのでは。。

しかしながら初心者の僕らは、そんなTHE DAYコンディションを避けれる、
南西うねりが届かないような場所を求めてサーフィン。。
SNOWBOARDで例えるならば、スーパードライな腰パウが降った翌日に
雪が降らなかったゲレンデを探すようなもんなんで、なんとも寂しい感じ。。

SNOWBOARDでもSURFでも、道程の違いはあるにせよ、
THE DAYをTHE DAYって感じれることって、実は結構な鍛錬も必要だし、
感じれること自体にすごく価値があるんだなぁと、改めて実感。
SURFの場合は相当遠そうだけども。。。いつかそのレベルまで達せれるといいなぁ。




そして1週間後の9月1日。
台風が過ぎ去った海は、ウソのように波が静まって。
頭オーバーだった鵠沼は、setヒザ。千葉北でも途中でウネリに戻っちゃうようなモモsetコシとか。
頭overのサイズから、たった1週間でこの違い。大きすぎっす。
よほどの暖冬でもない限り、1月ともなれば毎日の様に雪が降り続くSNOWBOARDと違って、
サーフィンにとってのコンディションのイイ時ってのは、ホントにスパンが短い。
だからこそ、SNOWBOARDには無いカルチャーやスタイルってのが生まれてくるんだね。
少しずつ、わかってきた気がします。

まー僕にとっては、スモールサイズのファンウェーブ大歓迎なんで 笑
気が済むまでどっぷり海で遊べました。
波とともに夏空もやや過ぎ去って、ちょっと秋めいた感じの空色。なんだか寂しいなぁ。






しかしサーフィン、ホント未経験のことばかりで、毎回毎回勉強させられる。
30も超えた時分に、新しい遊びを経験して、そしてそこから新しいことを学んだり、
新しい感性を増やしていけることに、かなりの感動と、たくさんの感謝を感じてます。イイ具合です。

板クラッシュだったり、頭怪我したり、余計なことも多く経験したけど 笑
これもまた、必ず通る成長段階ってことで。。 あーーー









関連する記事
コメント
コメントする