home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Island made with jewelry of God vol.2


シーカヤックを終え、夜はBBQでまたもや酩酊状態まで進み、翌日。
早朝からキャンプを撤収して、移動。新たなる目的地は渡嘉敷島。
沖縄本島には戻らず、離島TRIPです。


経験があった座間味とは違って、渡嘉敷島は初上陸。ドキドキ。
渡嘉敷メジャーの阿波連ビーチは集落と近くてものすごく便利。お酒の補給が 笑

この日は、前日までめいっぱい海で遊んでたんで、趣向を変えようと。
原チャリをレンタルして、島1周冒険に。これがまたアタリでした。

バイク乗れないんで、本州でツーリングってのはしたことないけど、そういう人にはかえってイイ感じ。
なにせ信号機もなけりゃ、車もほとんど通らないんで、やたらめったらメロウ。
ところどころ山道にもなってるから、登って上から望む海岸線のブルーはもちろん素晴らしいし、
山の中の木々の雰囲気も本州のそれとは違って、南国ムード満載だし、
下りれば沖縄らしい漆喰の壁にオレンジの屋根の民家が建ち並ぶ激ユルな集落も抜けれるし。

そんなスーパーメロウな雰囲気に加えて、ビーサンの鼻緒の痕がくっきりできるくらい
サンサンに照りつける太陽と、時に感じる海風と、うだるくらいのセミの声が、
なんだか懐かしいくらいのド定番な夏!!!を演出して、小学生のときの夏休みの感覚が戻ってくる。

ああ、こうだった。夏とはこうだった。懐かしくはにかむ。もーーー、サイコーーーっす。











普段から海に山に、めいっぱい自然の中で遊んでるとは思ってるけど、
それでも改めて、自然のよさを感じれるTRIPになったなぁ。
あぁ、沖縄、離島はやっぱり素晴らしい。美しい。体中で、心の底からしびれますね。
ゆったりの流れるリズムにあわせて、また新しい波長をつかまえられた感じです。
いや、忘れていただけかも?なんにせよ、メロウでniceな波長。いい具合。サイコーでした。








関連する記事
コメント
コメントする