home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
GW WEST TRIP vol.2


GW関西トリップ後半戦。
さらに西に、広島まで頑張って行っちゃうか、または四国に行ってみちゃうか、
北に上がって福井石川富山を狙ってみるか、東に戻って名古屋静岡あたりを見るか、
南下して和歌山三重をまわるか。どの方角を選んでも行ってみたい場所があり、
天候と残り時間も兼ね合わせて、散々悩んだあげく。

選んだのは南下。
紀伊半島をがっつり堪能してきました。


紀伊半島、デカいデカいという噂だけは流れ聞いてたけど、もう、想像を超えるデカさ。
大阪湾沿いの高速使ってビューンとやったら何も見えないので、
もちろん真ん中の一般道を突き進むも、走れども走れども山の中。

長野や山梨、群馬といった、一般的に山が多いと思われてる場所は何度も走ってきてるけど、
それよりもはるかに深い。途中に街らしい街は全然無くて、とにかくずっと山、川、森。
まわりの山々は、それらの県と比べものにならないくらい低い山なんだけど、
その分距離感が近くて、空が狭く、深い谷の中を道路が繋がっていく感じ。



でもよーくみると、ぽつんぽつんと集落があって、山の中に人が寄り添って暮らしている感じ。
現地の人と偶然の出会いがあって、いいSESSIONをするチャンスができたから、聞いてみると、
山のてっぺんに住んで、自宅目の前の茶畑を手入れしつつ、太陽と星を眺めて、緑を眺めて、
ミニマムで、サスティナブルな、想像通りの自然と共存する生活を送っているみたい。
もちろん不便はあるけど、それよりもはるかに得られるモノも多く、
すごく生き生きして、その土地と自然を愛してて、なによりパワーあったね。いい出会いだった。



そんな素晴らしいSESSIONもありつつ、歩いたのが熊野古道。
そしてその翌日は、三重県の伊勢神宮に。

この熊野本宮と伊勢神宮は知る人ぞ知る、日本バックパッキングの聖地。
(※この場合、バックパッキングは貧乏旅行のことじゃなくて、自由に旅をすることの意味)

江戸時代の一般庶民、もちろん自由に旅行することなどまずありえなかった時代背景で、
唯一旅することが許されていたのが、この熊野本宮と伊勢神宮への「お陰参り」で、
一生に一度は行きたいBIG TRIPとして、ガキも貧乏人も農民も、老若男女、
日本中の一般庶民がこの地を憧れ、何十日もかけて旅していたみたい。
当時の日本の人口が3000万人。1シーズンで行った人が最大400万人超え。ブーム過ぎる割合 笑
旅の資金はどうしてたのとか、どうやって行ったのとか、どこに泊まったとか、
なんでそんなにみんなが憧れてたのか、どんなことを考えて、どんな価値観で旅してたのか。
教科書ではほとんど学べない、昔の一般庶民の価値観と生活観。気になるでしょ。行けば学べます。

1時間程度だけども、実際に昔の人が歩いたのと同じ道を、そんなことを考えながら、歩いた。
さらには偶然の出会いで紹介してもらったガイドのたまごさんに、つきっきりでガイディングしてもらえて、
熊野古道の歴史のことはもちろん、紀伊の自然のこととか、暮らしのことまで教えてもらって。

天気は最高だったし、新緑はピカピカしてて、水も空気も美しく、
山林風景と田園風景はあまりにものどか。歴史的側面、文化的側面も学べて、完璧。
素晴らしく気持ちよく歩けました。
森林限界を超えたアルプスの山々も抜群だけど、こういうゆるいのもイイね。

















ラスト1DAYは伊勢神宮で、赤福食べたり、伊勢うどん食べたり、餅食べたり、
散策したり、お伊勢参りの歴史を学んだり、神木触ったり、お参りしたり。
がっつり観光地をメイクして、長かった関西TRIPもフィニッシュ。













京都、大阪、奈良、滋賀、和歌山、三重。
定番の観光地はまわれたし、街並や自然もみれたし、温泉秘湯もメイクできたし、
現地の人との出会いもあって、直にその土地の歴史や暮らしまで聞けて。この上ないTRIPでした。

新しい感性を感じることができて、いつもの遊びにもこの感性はいい具合に働くだろうし、
好奇心も刺激されて、また知りたいこと、見たいモノ、行きたい場所も増えて。
いい流れで、色々と繋がる感じです。ナイス。

またいつか、どこかに。思いたったら、すぐにでも。
旅をすぐそばに。意識し続けます。









コメント
コメントする