home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Gunma Last Destination


GREEN CLOTHING残雪SESSIONで長野のシーンをがっつり楽しんだ後は、群馬県片品まで移動。
前々日オープンしたばかりの群馬のエルサレム・至仏山で、BC SNOWBOARDING。
こちらも激アツな、群馬のシーンを堪能です。


至仏山は、尾瀬の中にある山で、冬季通行止めと自然保護などの観点から、
積雪期はGW界隈の日程で2週間程度しかオープンしない山。
だからこそ、群馬シーンにおいては最終目的地のような場所で、
色んなスタイルの色んな人達がこの時期に集まってシーズンのラストを飾る、そんな場所。
僕も、去年に続いて2回目。

そして今年もkuwa君にお願いして、フォトSESSIONツアー。
さらに今回は、テールガイドとしてSURGEのTAZ君も同行してもらって。
なにをかくそう、この二人は僕が初めて一緒にSESSIONをしたプロライダー。
とにかく驚きの連続で、自分のSNOWBOARDINGが一変した、まさに人生最大のSESSION。
そんな二人といよいよ至仏山にアタックできるとは。SNOWBOARDを続けてきてよかったぁー。

そして天気は、完璧なるピーカン。もちろんそれを狙ってアタック日を決めたんで、狙い通り。
そんなわけで、メンツよし、天気よしのまさにTHE DAY。
体だけは前日までのgreen sessionでアガりすぎてバキバキに疲れてたけど、縦走だと思えば 笑

今年も素晴らしい一日でした。







1.5hハイクした後、途中の沢では恒例のジャンプセッション。
今年は去年よりボトムが汚れてて去年遊んだラインでは遊べず。
も、実は去年からずっと狙ってたポイントがあって。
去年より雪も少ないから、TAZ君と相談して小さなリップを作って、チャレンジ。
トゥーサイド片斜で短いアプローチ、そっから着地はみえないジャンプ。結構ドキドキも、無事メイク。
kuwa君はバッチリ下から構えてくれてたんで、出来上がりに期待ですね。楽しみだぁ。





そこからさらに2hハイクして、無事にピークに到着。
去年は雲で見えなかった新潟側の山々が、今年はズラリと一望。谷川連峰に、越後山脈。どれも真っ白。
反対の群馬埼玉側にある山々は燧ケ岳や武尊山のピーク付近に雪が残るものの、ほぼ残雪無し。
ここ至仏山は、本州の分水嶺の真上。ここを境にして、北側に降った雨は日本海に、
南側に降った雨は太平洋に流れていく、日本海側気候と太平洋側気候の境目。
だから、この時期に360度を見渡すと、春と冬の景色が見えるんです。素晴らしいロケーション。
去年は見れなかった景色、やっと見えました。







そんな感じでじっくりピークを堪能して、いよいよドロップ。
尾瀬ヶ原に飛び込むようなBIGバーン。
今年のBIGバーンは面がところどころ汚れてて、それがじんわりと掴んでくるのと、
緩みすぎてザクザクすぎるヘンな感触が混ざった、複合コンディション。
ナカナカ難しく、スピードは乗るけど、気を抜くとド派手にゴロゴロいっちゃいそうな感じ。

慎重にいこう。瞬間的にコントロール限界をイメージするも、
でかすぎる斜面にやれれて、あっさりイメージしてる限界速度を突破。

結局は「うおおーーすげぇぇーーー気持ちイイーーーーー」ってのと
「マジかぁーーーですぎたーーーこけそーーーーー」ってのが混ざった感じで、ドキドキハラハラ。
ドキドキハラハラしつつも、足裏はひたすら集中させて、視界の先のどこまでもデカイ一枚バーンを独占。
体全体で感じる風が、気持ちをハンパなくアゲてくれる。この感覚は、ゲレンデじゃ全く味わえないなぁ。
今年もどっちかっていったら、やっつけられちゃった感じだけど、やっぱり至仏山、サイコーっす。













最後は雪が少なくなったフラットツリーをうねうねやっつけて、どんぶら登り返して、
さすがにヘトヘトに疲れきったものの、無事にゴールイン。
kuwa君、TAZ君、そして一緒に登ってくれた方々、ありがとうございました。
登りも下りも何もかも、サイコーに楽しめました。

来年もまた!








関連する記事
コメント
コメントする