home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
green session


GW第1段は、野沢温泉にてXpointプレゼンツ・GREEN CLOTHING残雪セッションに参加してきました。
イベント日程はさすがの、27日(GW1日前)28日の二日間。主催者側も滑る気まんまんの日程 笑
そりゃ27日から参加でしょって、今シーズン最後のサボリーマン炸裂で参加です。


集まったGREENライダーは田口勝朗、西山勇、南浦高志、HIDEVAに加え、
ゲストで畔田マーシー、五明あつし、中山二郎。皆さん敬称略すみません。
ハイシーズンでも中々集まらないような豪華ライダー陣に加えて、ファミリーメンバーも皆様ツワモノ揃い。
一般ピーポーなオイラは普段じゃありえないレベルのメンツ勢ぞろいの贅沢すぎる布陣で、
GREENチームとセッションというか、GREENチームのRIDINGに混ぜてもらった感じ。ヤバすぎっすね。



もちろんRIDINGの方は、目んタマ飛び出るような体験の連続。
上手い、かっこいいってのはもちろんで、そんなんは滑る前からわかりきってたけど、
やっぱり上手くてかっこよくて、イェーー!っていうより、うわぁーーーって唸りまくってたんだけど、
それ以上に、一緒に滑って初めて感じられる、SNOWBOARDINGのスタイルに感動。


とにかく、飛びまくり。1リフトで、俺の倍以上の数飛んでるなぁ、たぶん。
ここでその突っ込みは無いでしょってくらい突っ込んでぶっ飛ぶし、
ここじゃ飛ばないでしょって地形でも強引にジャンプするし、
着地がフラットでも、全然無いような場所でも、アプローチが取れれば飛んで強引に着るし、
(悪い意味で)当て込んだ風にして済ましちゃおうってラインでも、まずはジャンプをセレクトするし。
もちろん、その合間ではレイバック、バックサイドスラッシュもやる。要は遊びまくってる。
SNOWBOARDINGっていっても、色々STYLEがあるけどね、やっぱりこれだわ。
インディとトゥーウィークさえあればよし。超かっこいいっす。


んでもって、そんなやんちゃなSNOWBOARDING SESSIONの先頭は、いつも田口勝朗。
「ライダー陣先いきな〜、俺は後ろからゆったりついていくわ〜」みたいなテンションはいっさい無し。
一番最初にセクションに突っ込んで、誰よりも先にリフトについて、乗って、
「コースどりは各々好きなところってことで、じゃあ」っていって、一番最初に滑り出しちゃう。
そんな46歳。かっこよすぎっす。


さらには、直接話したときに、ずっと気になってたことを聞いてみたんです。
Personaをみたときに、「田口勝朗とSNOWBOARDINGとGREEN CLOTHINGは切っても切り離せない、
どれかがないことは想像できないくらい」ってことを言ってたが強く記憶に残ってて、だからこそ、
「もしも仮にGREEN CLOTIHNGが何かの影響でなくなってしまったり、
大怪我したりしてSNOWBOARDが出来なくなったら、田口勝朗はどうなると思いますか」

って質問。ある意味失礼な質問なんで、勇気出して聞いたんだけど、その返答。

「仮にGREENが潰れちゃったら、きっと今よりもさらに自由にSNOWBOARDINGをしてると思う。
大怪我してSNOWBOARDINGができなくなっちゃったら、車椅子でもGREENのウェアを作り続けると思う」

ああ、これは完全に切り離せないんだなって。そんな田口勝朗。もうもうもう、かっこよすぎっす。


この二日間で、SNOWBOARDING、今だってすげー好きで、すげー楽しいけど、
もっともっと楽しめて、まだまだ好きになれるなぁって確信。
その道を進んでいる先輩方は、たくさんいます。
ラインを追い続けよう。これもまた、ひとつの大きなセッション。

これだからサイコーです。サイコーなSESSIONでした。多謝。





















また来年開催されることを切に願っています!! Thanks Green team & Xpoint!!





関連する記事
コメント
コメントする