home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
TENJIN BANKED SLALOM


先にお伝えしたとおり、3月3日4日は、天神バンクドスラロームに出場してきました。
長く濃い2日間でした。ブログも長いことになっちゃっいました 笑


想像していたとおりに想像以上で、スーパーハイレベルで超アウェイ 笑
そこらじゅうに有名なライダーさんがうろちょろしてるし、知名度は低いがツワモノのオーラもバンバンだし、
メーカー関係者、SHOP関係者、メディアの方々、外人さんも多数。
どうみたって上手そうな人達ばかりで、そんな人々が「イェーワッツァップ!」みたいな雰囲気で、
すげーうらやましいくらいピースで和やかなんだけど、だからこそ超アウェイ 笑

そんでまた、皆さん見たまんま予想通りで、半端なく超上手い。
MC真木蔵人&西田洋介が言ってたとおり「今日は各地の山の番長が集まってる」が、まさに的確な表現。
リアルに全国各地から山のボス達が集まってきてて、そんなんが所狭しとライディングしてるから、
あらゆる場所でナチュラルSESSIONが繰り広げられる感じ。
1個のポイントに上から飛ぶ者、下から当てる者、横から狙う者、後ろから突いてくる者と、
前後左右上下、あらゆる方向に感度高めながら滑らないと、あっという間にやっつけられちゃう。

そんな環境でございました。
もちろん僕はといえば、完全なる一般ピーポーなわけで、
そんな環境を目の当たりにして思いっきりやっつけれらちゃった人代表でして、
正直バンクドスラロームどころじゃないくらい、疲れたわけでございます 笑

しかしながら。
SNOWBOARDでもSURFでも、カルチャーと呼ばれる部分が真の底に
ドデンと広がっているからこそ、かっこよかったり、ライフスタイルになりえるわけであって、
じゃあそういうカルチャーってのはどうやって出来るのかって考えると、
やっぱり長くやっている人、ローカルと呼ばれる人達や、スキモノが揃ったメーカー、SHOPらが
コツコツとひとつひとつを積み重ねてきた結果なわけだから、
一見さんがチャっと入ってきても簡単には馴染めないのは、そりゃそうな話で、
それでも、それを見ないでいくのか、外から指くわえながら見ているのか、頑張って入っていくのか、
そこに大きな分かれ道があると思います。そういうもんだと思います。
いつか振り返ったとき、この日が大きな一歩だったと、思えるようにしたいわけです。
僕が今できることは、まずはその積み重ねだと思ってるわけでして。








さて、前置きが長くなったけども、本番のバンクドスラローム。
天候は湿っぽい雪が舞う、温度低めの、どんぐもり。ご想像通り、コースはカッチカチ。
さらには、順を重ねるごとに、タイトなコースはどんどんガタガタになって、さらにガチガチになって、
スピードもラインコントロールも難しいような、まあ大変なコースです。転倒者、コースアウト者も続出。
前述の様にその雰囲気だけでドキドキなのに、生まれて初めての大会、コースアウト者多数のコース、
前も後ろも超上手そうな人達ばかり、俺より遅い人いんのかぁって不安、
転げてケチョンケチョンになったらどうしようって不安、コースアウトだけはしたくないって不安、
残念ながら、楽しもうとか、やってやるとか、そういうポジティブなイメージは全然出来なくて、
ドキドキドキドキ、バクバクバクバク、あーーーーーーーーーーー

コース以上にガッチガチに固まってた自分は、予想通り転げて、ケチョンケチョンで天を仰ぐも、
開き直って気を取り直せば、だんだんリズムもよくなって、徐々に気持ちよくなってきて、
クイックなバンクに合わせきれないもどかしさもありいの、でもなんだか楽しいぞーってなって、
たぶん最後はニヤニヤで、恥ずかしさもありながら、超低速でなんとかゴールイン。
無事かどうかっていえば、なんとも微妙だけど、無事完走。
結果はもちろん予選敗退。それでも、ちょっとだけすっきりして、でも思ってた以上に悔しくて、
なにより、もう1回滑りてーっていう、単純にすんげー楽しいコース。
ゲレンデにあったらもう、猿みたいになってるでしょうに。
そんなこんなで色んな感覚。初めての感覚。こういう経験もまた、大きな経験になるんでしょう。


夜はパーティーも、なんだかすっかり疲れてて、ビール6杯、11時過ぎにはやっつけられ。。早めの就寝。
せめて夜くらいはって気持ちもあったんだけど。。こちらは今後はもっと発揮したいですね 笑

そんな濃密な初日。負け組みの翌日は大会は無いけども、翌日に続くのです。


















関連する記事
コメント
お疲れさんでした〜。
参戦した某プロライダーさんとこで動画見たけど、コースすごいねー。
この大会は興味あるけど、スキル的なのはもちろん、メンツ的にもかなり萎縮してしまうかも(笑)
  • べる
  • 2012/03/06 11:39 PM
べるさん > どうもです。コース半端ないっす!
しかも、練習1回のみ!しかも、カチコチ!
で、本番も1回!!
さらに、前にも後ろにも超有名プロライダーがたくさん!!!
萎縮しないわけないっす 笑

でもこんな自分でさえ出れたわけで、だいぶハードル下がりますよ〜
来年は一緒に出ましょう!!
  • Key
  • 2012/03/07 9:44 AM
大会レポ楽しく読ましてもらいました(^-^)ドキドキでカチカチな感じ、開き直った後の楽しくなる感じ、良くわかるなぁ(笑)でも、この経験で自身のスノーボードの歴史がより一層深みを増したんじゃないかな(^_^)オレも負けずにそっち側にいかなきゃな!(^_−)−☆
  • taiga
  • 2012/03/10 12:14 AM
taigaさん > 来年は一緒に!そしてまだまだシーズンは2ヶ月以上あるんで、ぜひ滑りましょ〜滑りたいですね!
チャンスみて声かけます!!
  • Key
  • 2012/03/11 8:00 AM
コメントする