home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
OHISASHI MOUNTAIN


この2ヶ月間、山行きたいって気持ちはずいぶんとあったんだけど、
だいぶ天気運が悪く、なかなかリズムが合ってくれない日々。
THE DAYを待って、待って、待って。。いよいよ我慢の限界で 笑
ちょっと強引だけど、このタイミングで。
雲ノ平以来、2ヶ月ぶりにヤマノボリしてきました。



当初は北アルプスは蝶ヶ岳に行こうと思い、登山口まで行ったわけだけど、
登山口まで車で登るにつれ、どんどん雨。そしてガス。さらにめちゃ寒い。。
いくらなんでもこりゃあコンディション悪すぎでしょうってことで、急遽場所変更会議。
今から場所変更してもなんとかなりそうで、かつ、少しでも天気が良くなる可能性が高い場所に。
なんかさっそくサーファーみたいな行動パターンだ 笑
そういうときは、八ヶ岳。八ヶ岳は天狗岳を狙い撃ち。
天狗岳は去年の11月にも登ってるので、時間も読みやすいし、
ルートのイメージもだいぶやってきてるから、こういう場合に対応しやすい。
そういや前回の八ヶ岳も縞枯山で、そのときも赤城山行こうとしたのに渋滞で無理からの、
急遽なスタイルだった。こんなんにさっと対応できるのも八ヶ岳の魅力だね。


さて。登山口到着。



気になる天候は嘘みたいにGOOD!澄んだ濃いブルーの空!変えたの大正解なわけなのです。
しかしながら時間は10時30分。遅い。遅いけど、すでに標高は2000mオーバー。
登り出し遅くてもスタートでココまで上げられれば、すぐそこが空の世界。
この車でのアクセスのしやすさが、八ヶ岳のリリーフ登板の最大の武器。
そしてルート。去年は雪も積もる晩秋だったから、渋の湯から入っていったんだけど、
今回は麦草峠から入る。目的地は同じ黒百合ヒュッテだけど、
全然違うルートを取れるユーティリティも、八ヶ岳リリーフ登板の大きな武器。
ホント何度行っても楽しめる。もちろん今回もサイコーでした。


登山道入ってすぐに、白駒池に到着。北八ヶ岳の森の中にある、小さな池。
あまりに登山道入ってすぐだから、観光バスとかの客まで入ってきちゃって、ちょっと残念だけど、
池そのものはすごく雰囲気がいい。湖面もすごくしなやかだし、湖畔には紅葉が咲いていて。





そして北八ヶ岳といえば、森と苔。
なんとなく、秋の空がすごく似合う場所だと勝手に思ってる。
うっそうとしてるというより、透き通った感じの森。
樹林帯嫌いな自分でも、癒されて、気持ちよくなれる森。





しばらく急登を登って、たどり着いたのはにゅう。ここは去年も行きました。
北八ヶ岳の森の中にぽかっとある、岩々の展望スポット。
去年はここから富士山やら金峰やら浅間山やら、超展望が見えたんで、
すごい楽しみにしてたんだけど、残念ながら雲多く、展望はおあずけ。
それでも天狗岳や硫黄岳はしっかり見えたし、さっきまでいた白駒池も望めて、十分な気分。
雲のモクモク具合も嫌な感じが全然無くて、存分に気持ちイイ。和みました。
ついでに北アルプスなんかはすっかり雲の中。いやぁ、八ヶ岳にしてよかったぁ 笑











と、もろもろ楽しみながら、黒百合ヒュッテに到着。
1年ぶりでも何も変わってないだろうなぁと思ってたら、なんと。カフェがOPENしてました。
黒百合ヒュッテに溶け込むくらい馴染んでる、ほっこりカフェ。
目の前のオープンテラスで晩御飯を食べて、寒くなった夜はカフェの中に避難してBEER。







いい具合で、翌日に続くのです。。

 




コメント
コメントする