home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Open Green Mountain


SNOWシーズンを無事終えてGREENシーズンOPENしたと思ったら、次の週から梅雨入りと、
なんか流れが微妙だなぁと思ってたところ、いきなりの梅雨の中休みで晴れっぽい。
梅雨の晴れ間は冬のパウダーくらい貴重です。すかさず山行ってきました。


今回がGREEN SEASON一発目のヤマノボリ。
梅雨の晴れ間は短いし不安定だし読めないんで、短めの山に行くか、
せっかくの晴れだしがっつり狙うかでかなり悩んだけど、天気も持ちそうだしやはり後者を狙いたい。

一番の候補だったは冬の間から行きたいとストックしてた南アルプスは鳳凰三山。
が、鳳凰三山を悩ませたもうひとつの大きな理由がアクセス。
本来狙ってたルートはマイカー規制&夏前の今だとバスが不通でアクセス困難。
となると別ルートを取るしかないけど、そっちはだいぶキツいルート。
青木鉱泉ってトコから入って、1500m登ってようやくテン場。それから三山を荷物デポらず縦走して、
最後は1700mを下らないといけない、かな〜りマゾヒスティックなコース。
こんなハードな山行をGREEN SEASON一発目にやって大丈夫なのかと、
結構不安もあったけど、燃えたぎる情熱にはかなわず。チャレンジしてきました。


青木鉱泉からはドンドコ沢っていう沢沿いを、その名の通りドンドコ登る。



完全な樹林帯だけど、日の光を通して透き通る新緑は気持ちいいし、沢から来る冷たい空気が心地いい。



しかも小沢や小滝を何回も横切るんで、アトラクションも豊富。





さらに数回、デカイ滝沿いを通過する。五色滝は滝つぼまで行ける。これはかなり感動。








が、長い。とにかく長い。。。
急登を6時間、ひたすら登りっぱなし。
久々のテント装備はやはり重く、急登につき高く上げなければならない足への負担はハンパない。。
まじで疲れたわ〜ってときに、いよいよ視界に鳳凰三山は地蔵岳が。
そしてドンドコ沢の源流だろう小川沿いを歩く。水がとにかくきれい。さすが南アルプス。







最後はふわ〜と天国みたいな気持ちよさで、ようやく本日の目的地・鳳凰小屋に。
テン場は満員御礼。小屋泊まりは数人。この時期に鳳凰三山登ってくるような人は皆さんツワモノだわ。
こちらもテント張ってビール飲みながら、隣のおっちゃんと談笑して、19時には就寝。
まだ外は全然明るかったけど、あまりの疲れで限界でした。。。
おっちゃんからもらったウイスキーのせいな気もするけど 笑




おやすみなさいで、翌日に続く。。。

 




コメント
コメントする