home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Okinawa BackPacking



GW序盤戦は一足先に夏を満喫しようと沖縄に5泊6日のBackPakking Trip。
先週までは雪の上で雄叫びを上げてたけど、今度は海の上でアウトドアな旅が目論み。
飛行機の上からはMt.Fujiと、ずらっと並ぶ日本アルプスのお見送りをGET。
ヤバイ景色でいきなりのMAXハイテンション。こりゃあいい旅になりそうだ。



で、沖縄到着で、コレ。



どーーん。。。どん曇り。。。
一足先に夏を満喫予定が、沖縄はGWからジャストで梅雨入り 笑
大っ嫌いな梅雨を先取りになってしまいました。。。

てな具合でいきなり流行の"想定外"な感じで出鼻くじかれまくったわけだけど、それでも。
めまぐるしく変わる天候コンディションには柔軟に対応して、毎日をその日暮らし。
予定してたオールテント泊のキャンプトリップは完成しなかったけど、
海から山まで沖縄の大自然をばっちり体感して、琉球の歴史や悲惨な戦争の歴史も学んで、
夜の街でのDrinking Partyもしっかりメイクして。
自然、歴史、文化をがっつり堪能しつつ、それでも沖縄らしいメロウなゆったりスタイルで。
まさにBackPacking Styleな旅でした。サイコーでした。


序盤の舞台は沖縄本島から離れての、慶良間諸島は座間味島。
海辺のキャンプ場にテント張ってから、目の前の海でシュノーケリング。
見事な曇り空&強風でビーチにゃ誰も入ってないんで、プライベートビーチです 笑
もちろんオイラは入ります。水の中の方があったかいくらいだけど、
海は超キレイなんで入っちゃえば問題なく楽しめますね。










夕方からは街に散策へ。小ぶりサイズな島は徒歩での散策にジャストサイズ。
本土じゃ見れない草木花を観察したり、This is 離島な雰囲気の街を見学したり。
いい具合です。そのまま島で一番お洒落なbar、ラ・トゥークにてドリンキング。
振る舞いで頂いたカジキのマース煮、旨すぎっす。
その後は波の音を聞きながらテントでZZZ。。贅沢な一日でした。








波の音で目覚めて、翌日はネイチャーランドさんにお世話になってシーカヤックにトライ。
一番やりたかったシーカヤックは、やっぱりサイコーでした。
遠浅の海は透き通りすぎて底にある珊瑚の群生まで丸見えで、その上をゆったり進んでいく。
到着したビーチから、今度はシュノーケルを装着してシュノーケリング&スキンダイビング。
さすがガイドさん、いい場所連れてってくれます。竜宮城でした。















夜は幸運にもガイドさんと飲みましょうってことになって、ガイドさんと常連のお客さんと
再度ラ・トゥークにてドリンキングセッション。現地の人とのゆんたくセッションは旅の最大の魅力でしょう。
べろんべろんになるまで泡盛飲みながら、カヤックの魅力から島の生活まで。忘れられない時間。
この旅一番の出会いでした。


そして翌日からは沖縄本島の旅に続くのです。。





コメント
コメントする