home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
Spring Snow Trekking


弱寒波の影響から雪コンディションはカリカリも予想されたんで、急遽滑るのは中止。
ガス天気の可能性も強かったけど、いっちょ賭けて、ヤマノボリに行ってきました。
季節が進めば、積雪してる山に登れるチャンスも徐々に減ってくるわけで、
やりたいことでやり逃してることは、きっちりやってから雪解けを迎えたいからね。

そんな博打スタートな感じだったんだけど、奇跡的に賭けは大成功。
東京ではどん曇りだった天気も現地は十分とすっきり。気持ちよかった〜


行った場所は数え切れないくらい通過してる山・赤城山。
すぐ近くに沼田エリアや水上エリアがあるのに、赤城山は滑れるほど積雪がないから、
雪遊びする人にとっては通過するだけのエリアになっちゃうんだよね。もちろんその一人だったわけで。
しかしながら、よくよく考えてみると、積雪が少ないのはむしろ初級冬山登りには調度イイ。
イカツいアイゼンやピッケルなくても登れるし、晴天率も高いし、行動時間も短く取れるし。
そんなわけで、雪があるうちに行っておきたかったわけです。

そんな雪の赤城山、サイコーでした。
登山口からいきなりの急登スタートで速攻アイゼン必須だけど、
そんな急な登りも1時間程度であっという間に赤城山の主峰・黒檜山のピークに到着。
無雪期だとちょっと物足りない行程だけど、雪があると急登で不安定な足元に気を使わないと
いけないから、思った以上にスリリングでテクニカル。


で、ピークからはこの景色。ドン。







谷川連峰から上州武尊山、至仏山、燧ケ岳、日光白根山と上州の名峰がズラーーーっとパノラマ。
ピークは存分に明るいし。冬だからか樹林も全然邪魔にならなくて、超気持ちイイ。
ちょろちょろっと登っただけでこの調子よさ。赤城山、ヤバイじゃないですか〜。舐めてて申し訳ない 笑


そんな黒檜山の大展望ピークを楽しんだ後は、隣の駒ケ岳まで尾根を縦走。
この尾根がまた、無雪期でも明るくて気持ちよさそうなトコだけど、雪があると、ドン。









これでもかってくらい、雪屁祭りな尾根。
雪屁フェチなオイラは大興奮。自然が作る曲線美、ヤバイっす。
もちろん乗っかったらぶち抜いて危険なんで、トレースは一歩もはみ出さず。


景色散々楽しみつつ写真もたくさん撮りつつ、存分に遊びながらも、
滑る足元にかなり慎重に歩いて、それでも全部で4時間弱の行程時間。
お手軽で、なおかつヤバイ景色も見れて、雪もあって、オトクな山。満喫でした。

 





コメント
コメントする