home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
BLUE SKY TREKKING


最近は春みたいな気候続きなもんで、SNOWBOARDはひと休み。
コンディションからして、滑りをブレイクさせてでも登りたいって欲求が増加。
なんで、サンコってきました。
 


やっぱり冬らしく雪山に登りたいってのと、
それでもハードコアな装備は持ってないという実情から、
選んだ山は相変わらずのホームマウンテン・八ヶ岳の北八エリア。

積雪期でもわりとEASYに登れて、かつ、ダイナミックな展望と
ワイルドな雰囲気を味わえる超オトクなエリア。
11月に天狗岳、先月は北横岳と、最近4ヶ月で3回目なわけだけど、
北八にはまだまだ未体験なピークもバリエーションコースもたくさん。
そこも八ヶ岳のスバラシイところ。

今回選んだピークは縞枯山。北横岳のちょっと南にあって、
ピラタスゴンドラ使えば1時間程度でピークに立てるお手軽な山。
無雪期には軽すぎて単独では目指さないようなトコだけど、積雪期には調度イイ。


ゴンドラからレトロな三角屋根が目印の縞枯山荘までは開けて平坦な観光路。
びっしり雪が一面に着いてて輝いてるし、トレース外せば腰までずっぽり浸かっちゃう程の積雪で、
スノーシューで遊んでる人もたくさん。明るくて気持ちよく歩けます。

そこから先は一気に直登。それなりに急な斜度だけど、6本歯のアイゼンで十分登れる。
ヒーコラいう間もほぼ無いくらい、30分程度であっさり縞枯山のピークに到着。
ピークは枯れ木に囲まれてるけど、そんなに密じゃないから十分展望が楽しめる。
南、中央、北アルプスがどかん。御岳山もどかん。南八の稜線もどかん。気持ちイイ。
加えて、枯れ木にはエビの尻尾がぎっしりついてて、エビの尻尾林に。
これは冬にしか見えないし、無雪期だとただの枯れ木なわけで、だいぶオトクな感じです。
天狗岳とも北横岳とも違う雰囲気。やっぱり八ヶ岳はバリエーションが多くて楽しめます。














ピークのちょっと先の展望台まで行くと、枯れ木の遮りもなくなるし、
反対側の浅間山方面や金峰山方面の展望も開けて、さらにFINE VIEW。
そこいらで飯食べたりコーヒー飲んだり、写真撮ったりツボ足で埋まって遊んだり、
存分にゆったり遊んでから、ピストンで下山。
下山中もボディボブスレーで滑ったり、あえてトレース外して埋まったり、遊びまくり。

終始雲ひとつない天気で、春みたいにあったかいし、のんびりほっこり、GOODなサンコーでした。
アゲアゲで遊んでばかりの雪山で、こうやってメロウに楽しむのもイイもんでした。


















コメント
コメントする