home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
DREAMS COME TRUE

 

リフトホリッカーの長男サニー君にゲレンデガイドブックをプレゼントしたのが数年前。
まだ文字も数字も読めない状況で買い与えたのに、なんとか自力で意味を認識しだして、
「○○スキー場は、リフト全部で〇本。クワッドリフトが〇個、ゴンドラ〇本」とか、
コアすぎる情報を記憶し、まわりのSNOWBOARDER仲間にその知識を披露しては、驚かれる日々。

 

そんな彼にとって、リフトが多いゲレンデこそが夢の場所で、
そしてその夢の第一候補として君臨しているのが、かぐらスキー場。

 

リフト17個、ゴンドラ1個、ロープウェイ3本。日本有数の索道総数を誇るビッグゲレンデで、
日頃行き慣れているホームエリアのこじんまりしたゲレンデとは、全く異なるスケール。
とはいえその広さ故、小さな子連れにはかなり厳しく、ここ数年はすっかりご無沙汰だったんだけど、
サニー君がまともに滑れるようになったら、真っ先に連れて行ってあげたいと思っていた場所だった。

 

「転ばずに止まれること」
「厳しい斜面を自力で判断して、そういう場所では横滑りで滑る判断力」
「完璧なターンとまではいわないが、左右好きな方向に滑れること・曲がれること」
「板を着けたままリフトに乗り降り出来ること」
今シーズンのスタート時に、この4つを今季の目標として掲げて、
それが出来るようになったらかぐらに連れて行ってあげると約束した結果。

 

いよいよ行ってきました!





NUMATA KATASHINA

 

全国各地でなかなか思い通りに降雪積雪してくれない今シーズンだけども、
何気に東京から最も近い沼田片品エリアは、それなりに雪が降ってくれていて、
(もちろん例年よりは全然少ないけど)一応、どのゲレンデも基本的には全面滑走可だし、
ゲレンデボトムまで滑っておりて来れてて、(まーこれで他よりまともってことが異常なわけだけど)
壊滅的だった1月はともかく、2月以降は、パウダーも当たったし、
シャバ雪ならスノスケで遊んだり、子供と滑ったり、と、例年と変わらず楽しめてる感覚。

ということで今季は、いつにも増して沼田片品エリアばかり滑っているんだけど、
改めてこのエリアのバリエーションの豊富さに感銘してる。





MY FAMILY ONLY DAY

 

超暖冬なシーズンに加えて、今年は仲間のスノーボードファミリー達がこぞって、
妊娠だったり、怪我だったり、と、なかなかスノーボードにどっぷりとはいかない理由が出来て、
今シーズンはマイファミリーだけで滑る日の割合が、例年になく増えております。

とはいえ、ちょうど今シーズンから次男坊にもマイボードを与えたので、家族全員がSNOWBOARDER。

故に、家族だけで滑りに行っても特に問題なく、全員が雪山と向かい合って遊べるわけで、

思い切ったゲレンデチョイスができたり、ペースや遊び方も子供にがっつり寄せたりできて、

ホリッカーな仲間達とのバッキバキなSESSIONには無い、緩くFUNなSNOWBOARDINGの面白さも

だいぶはっきりと見えてきたなーって感あり。なかなか満足度高いっす。

先の週末もまた、今シーズン5日目のMY FAMILY ONLY DAY。





2020 TOP SESSION

 

今シーズン最初にして最大の、そして最後かもしれない寒波が週末のタイミングでHIT。
この機を逃すともう、今シーズンは、ハイシーズンらしいことを全くできないかもしれない

という恐れさえあるので、ちょっくらアクセル踏み込んで、はりきって。

 

ハイシーズンらしいことを一気にメイク。





WINTER FINALLY HAS BEGUN


まともにまとまった降雪が全くないまま、瞬く間に2月。
今季はこのまま終わっちまうんじゃないかと、徐々に心配が膨れ上がってきた頃合いに、
ようやくキマりました、西高東低。
週の途中で気温が異常にあがり、2000m付近にも雨を降らせた南岸低気圧が抜けてからの冬型なんで、
心配無用問答無用で期待できるほどの感触ではないものの、
それでも、今季初めてっていえるくらいの週末寒波が炸裂。もちろん逃しません。逃せません。





KIDS SNOWBOARDING SESSION

 

昨シーズンまでは、自分らのまわりには、うちの長男坊と、盟友ファミリーの娘ちゃん、
2人しかKIDS SNOWBOARDERがいなかったんだけど、1年経って、うちの次男坊にもマイボードを渡し、
まわりの滑り仲間達も、子供らに続々マイボードを買い与えてきて、いよいよな時代に突入した。

 

子供達が本格的に滑り出す時代。早速、KIDS SNOWBOARDING SESSIONが実現しました。





20TIME SNOW SEASON OPENING

 

2020年、あけましておめでとうございます。
正月休み明け早々にインフルエンザにやられてしまい、
未だ仕事始めはしておらず、遅まきながらの寝正月を過ごしておりましたが、、

 

年明け1月3日からの2DAYSで、無事に今季のSNOWシーズンもあけてきました。

 

とはいっても、誰に聞いても口を揃えて過去最少と断言しちゃうぐらいの降雪不足にて、
ゲレンデもいまだにフルオープンしているところさえ少数派な具合な、超低空飛行が続いておりますが、、、

 

それでも、今シーズンはSNOWBOARDINGを始めて、記念すべき20回目のシーズン。
今シーズンを全うすれば、いよいよ人生の半分の期間をSNOWBOARDERとして過ごしたこととなるわけで。
区切りに加えて超少雪と、忘れられないシーズンになるフラグはすでに立ちまくってる感じです。

 

それだけでなく。





2018/2019 SNOW SEASON REPORT

 

5ヶ月にわたるSNOWシーズンも、大きな怪我もなく、無事にクローズいたしました。

 

今季は、FAMILY STYLE SNOWBOARDINGになってから、5回目のシーズン。
昨季までの4年間は、FAMILY STYLEでのSNOWBOARDINGのベースを創ることを目標にしていたので、
とにかくじっくり、ペースは出来るだけ遅く、大きなチャレンジよりも足元を固めることに重点をおいて。
そういう感覚を持ってSNOWシーズンをディレクションしていたんだけど、
4年間でベース部分はだいぶ出来上がったっていう感覚を得れていたんで、今季からは新しいフェーズへ。

 

子連れ故に今まで我慢してきた部分もどんどんチャレンジして、そして、新しいこともチャレンジして。
年始めに、そんなシーズンにしたいなぁとイメージしていたんだけど、そのイメージをばっちり超えて。
素晴らしいシーズンにすることができました。





YOKOSHIBU BIG THANKS FES

 

今シーズンは雪の降り出しが異常に遅く、しかも局地的にはかなりの小雪だったもんで、
3月半ばには雪が全然なくなっちゃったゲレンデもあちこちにあったんだけど、
一方で、4月からは季節外れの降雪があったり悪天候やら低温やらが続いたりで、
雪があるところには例年以上にある感じな、不思議なスプリングシーズンでした。

 

GWに行った志賀高原なんて特に、もう過去最高レベルで雪が残ってるような感覚で、
こりゃーGW終わった後でも全然遊べるぞーと確信して戻ってきたわけです。

 

そしてその確信通りの5月12日。今シーズンのLAST SHREDにと、渋峠に行ってきました。





GW FAMILY SNOW TRIP

 

平成から令和へ、そして10連休に沸いた今年のゴールデンウィーク。

 

GWに限らず4月も後半になると、キッズスペースがあるゲレンデも限られてくるし、
そもそも雪はどんどんと少なくなってくるなかで、雪じゃなくて子供の過ごしやすさで
ゲレンデをチョイスするっていう感覚も、さすがに限界な感じが出ちゃうんで、
そこまでするならGWは滑らずに他の事して遊ぼうぜっていう感じだったんです。ここ数年は。

 

しかしながら今季。いよいよ長男は自力で滑るようになったし、次男もタンデムで滑れるようになったし、
4月に降雪もあったりで、雪の量も十分に遊べるだけの具合で残っているし、
それならば、久しぶりにGWに雪の上で遊ぼうかと。

 

GW前半戦は雪山遊びを絡めたTRIPに行ってきました。

続きを読む >>