home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
KIDS SNOWBOARDING SESSION

 

昨シーズンまでは、自分らのまわりには、うちの長男坊と、盟友ファミリーの娘ちゃん、
2人しかKIDS SNOWBOARDERがいなかったんだけど、1年経って、うちの次男坊にもマイボードを渡し、
まわりの滑り仲間達も、子供らに続々マイボードを買い与えてきて、いよいよな時代に突入した。

 

子供達が本格的に滑り出す時代。早速、KIDS SNOWBOARDING SESSIONが実現しました。





20TIME SNOW SEASON OPENING

 

2020年、あけましておめでとうございます。
正月休み明け早々にインフルエンザにやられてしまい、
未だ仕事始めはしておらず、遅まきながらの寝正月を過ごしておりましたが、、

 

年明け1月3日からの2DAYSで、無事に今季のSNOWシーズンもあけてきました。

 

とはいっても、誰に聞いても口を揃えて過去最少と断言しちゃうぐらいの降雪不足にて、
ゲレンデもいまだにフルオープンしているところさえ少数派な具合な、超低空飛行が続いておりますが、、、

 

それでも、今シーズンはSNOWBOARDINGを始めて、記念すべき20回目のシーズン。
今シーズンを全うすれば、いよいよ人生の半分の期間をSNOWBOARDERとして過ごしたこととなるわけで。
区切りに加えて超少雪と、忘れられないシーズンになるフラグはすでに立ちまくってる感じです。

 

それだけでなく。





2018/2019 SNOW SEASON REPORT

 

5ヶ月にわたるSNOWシーズンも、大きな怪我もなく、無事にクローズいたしました。

 

今季は、FAMILY STYLE SNOWBOARDINGになってから、5回目のシーズン。
昨季までの4年間は、FAMILY STYLEでのSNOWBOARDINGのベースを創ることを目標にしていたので、
とにかくじっくり、ペースは出来るだけ遅く、大きなチャレンジよりも足元を固めることに重点をおいて。
そういう感覚を持ってSNOWシーズンをディレクションしていたんだけど、
4年間でベース部分はだいぶ出来上がったっていう感覚を得れていたんで、今季からは新しいフェーズへ。

 

子連れ故に今まで我慢してきた部分もどんどんチャレンジして、そして、新しいこともチャレンジして。
年始めに、そんなシーズンにしたいなぁとイメージしていたんだけど、そのイメージをばっちり超えて。
素晴らしいシーズンにすることができました。





YOKOSHIBU BIG THANKS FES

 

今シーズンは雪の降り出しが異常に遅く、しかも局地的にはかなりの小雪だったもんで、
3月半ばには雪が全然なくなっちゃったゲレンデもあちこちにあったんだけど、
一方で、4月からは季節外れの降雪があったり悪天候やら低温やらが続いたりで、
雪があるところには例年以上にある感じな、不思議なスプリングシーズンでした。

 

GWに行った志賀高原なんて特に、もう過去最高レベルで雪が残ってるような感覚で、
こりゃーGW終わった後でも全然遊べるぞーと確信して戻ってきたわけです。

 

そしてその確信通りの5月12日。今シーズンのLAST SHREDにと、渋峠に行ってきました。





GW FAMILY SNOW TRIP

 

平成から令和へ、そして10連休に沸いた今年のゴールデンウィーク。

 

GWに限らず4月も後半になると、キッズスペースがあるゲレンデも限られてくるし、
そもそも雪はどんどんと少なくなってくるなかで、雪じゃなくて子供の過ごしやすさで
ゲレンデをチョイスするっていう感覚も、さすがに限界な感じが出ちゃうんで、
そこまでするならGWは滑らずに他の事して遊ぼうぜっていう感じだったんです。ここ数年は。

 

しかしながら今季。いよいよ長男は自力で滑るようになったし、次男もタンデムで滑れるようになったし、
4月に降雪もあったりで、雪の量も十分に遊べるだけの具合で残っているし、
それならば、久しぶりにGWに雪の上で遊ぼうかと。

 

GW前半戦は雪山遊びを絡めたTRIPに行ってきました。





YOUNGER SON RIDING DAY

 

4月入ってからはBC、雪板スノートイSESSION、そしてアフターバイブスと、
大人(というか親父)ばかり滑っていたんで、
先の週末は久しぶりに子供ファーストDAYにしようと。
気がつけばひと月近くサニー君も滑ってないわけで、行く前からだいぶ張り切り気味。

ということで、クローズ直前のゲレンデへ。





AFTER VIBES 2019

 

各地で行われているイベントに加えて、BCだってやりたいし、
普通にゲレンディングだってまだまだやりたいし、子供も滑らせてやりたいし、
スノスケもやりたい、雪板もやりたい、、
と、雪の上に限ったって、やりたいこと盛りだくさんな季節が春。
(ホントはここにさらに波乗りだ、スケートだ、花見だキャンプだBBQだ、
と雪の上以外の楽しみもだいぶあるわけなんだけど、もう体ひとつじゃ到底足りないっす)

 

ということで、せめてうかうか仕事している場合じゃないのです。
平日サボリーマンにて、山へ。アフターバイブスです。





AFTERBANK YUKIITA SESSION 2019

 

あっという間に4月も半ば。
今季は4月に雪がだいぶ降ったおかげで、雪はまだまだたんまりあるんだけど、
ほとんどのゲレンデはカレンダー予定通りの営業形態なもんで、
大多数のゲレンデはクローズ。SNOWシーズンの終わりも近いです。。

 

とはいえ、クローズしたゲレンデでの残雪遊びも、もはや毎年恒例な具合で、
個人的にはこの時期最も楽しみにしている遊び方。
今季もやってきました。





COME BACK MOUNTAIN

 

子供が生まれる前は、第2のハイシーズンの春はBACK COUNTRYの季節と決まっていて、
3月中旬から雪が無くなる5月の中ごろまでは、毎週山に登っては滑るを繰り返していたんだけど、
子供が生まれてからは、交代制という性質上、そのスタイルを持続することはなかなか困難なので、
BACK COUNTRY遊びは当分の間いったんSTOPさせて、
その代わりに春は、各地の人口地形イベントを行脚したり、
スノスケや雪板での遊び方を始めたり、子供と一緒でも遊びやすいスタイルを身につけてきた。

 

STOPといっても、止めるというよりは、休むという意味合いが強く、
子供の成長と共に、SNOWBOARDING STYLEはまた変化していって、その流れの中から、
また出来るようになる日がくることは、自分らの気持ち次第なわけで。

 

そしてこの週末。6年ぶりに、夫婦揃ってのBC SNOWBOARDING、カムバックしてきました。





PAPA & SON SNOW TRIP

 

今シーズンは基本的には毎週滑りに行くイメージでいるんだけど、
それでも月に1回くらい、子供が体調を崩して強制OFFという具合で過ごしている。

 

先の週末がまさにそれで、次男坊の体調がイマイチ優れなくって、
こりゃー家族揃ってOFFかなーと思っていたところ、
ピンピンしている長男が、「自分は滑りに行きたい!」と。

 

そこまで(親の思惑通りの)気持ちを前面に出してくるなら、叶えてやるのが親の務め。
次男とママは家でお留守番で。初めて、長男&パパで滑りに行ってきました。

続きを読む >>