home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
2017/2018 SNOW SEASON REPORT

 

結果的に4月22日の至仏山スノスケBCにて、2017-18のSNOWシーズンがクローズとなりました。

もう1発くらい、シーズンラスト!って感じのSNOWBOARDINGをしたかったんだけど、、

こればっかりは自然との兼ね合いもあるんで、まあしゃーないっすね。

 

自分のSNOWBOARDING史を振り返ってみると、実は、4年で一区切りになる周期を持っていて、
2001年から2004年が学生SNOWBOARDING期、2005年から2008年が湯沢シーズンパス期、
2009年から2013年が夫婦でのSNOWBOARDING全盛期、って感じ。

 

もちろんたまたまなんだけど、裏を返せば、4年って周期が自分には自然と馴染みやすいからととらえて、
長男出産のタイミングと重なって1年間ほぼ滑らなかった2014シーズンを使って、じっくり考え、
次の4年間で新しいFamily Snowboardingとしてのベースを創る、ということを目標に定め、
4年間のロードマップみたいなのをイメージしたわけなんです、実は。

 

そして今シーズンが、ファミリースタイルとなってからは4シーズン目。つまりは周期最後の年。
2014年にイメージした方向性からは全くブレることなく、1年1年を重ねた結果。
4年目の今シーズンは、そのときの想像をはるかに超えて、自分SNOWBOARDING史に燦然と輝く、
スーパーBIGなシーズンとなりました。





SNOWSKATE NEW WORLD

 

群馬バックカントリーのエルサレム・至仏山。
尾瀬の象徴にして、積雪期では4月末から5月頭の2週間だけ開山される、特別な山。


期間限定という特別感に加え、知名度抜群な遥かな尾瀬という立地感に、セミロングな行程、

それでいてそこまでハイレベルな雪山登坂技術を要さないにも関わらず、

別世界なスケールと壮大な景色を味わえる点から、
開山時期はとてもたくさんの人で賑わい、BIG SESSIONが繰り広げられる場所。

 

自分も2011年、2012年と登り、滑り、たくさんの思い出と色々なきっかけを作ってくれた、特別な場所。
久々にチャレンジしてきました。しかも今回は、スノーボードではなくスノースケートで。

ALPINE SNOWSKATE、最高でした。





AFTERBANK YUKIITA SESSION 2018

 

ゲレンデもほとんどがクローズして、滑るためには限られた場所に集まらざるえない時期。
場所の選択肢が少なくなっていくぶん、人はぎゅっと密集してくるけど、
まだまだ満足できないスキモノ達が、去りゆく雪の季節の余韻をかみ締めながら、
日焼けで顔ヒリヒリさせながらもイエーイエー言い合ってるこの追い込み期間、個人的には大好きっす。
この時期でしか感じれない楽しみってのも、たくさんあるからね。

 

そんなこの時期ならではの遊び方といえば、、クローズしたゲレンデの残雪を使った雪板SESSION。
今年もがっつり遊んできました。





FIRST SNOWSKATE BACKCOUNTRY

 

先シーズンから本域で始めたスノースケート。
色んなゲレンデ色んな斜面から、色んな雪質、サイドカントリー的なエリア、パーク、、
と順調に滑るフィールドを増やしてきて、増える経験と同調するように、
ナイスメンツで滑れる機会も増えてきた。自分的スノスケ黎明期から、発展期に到達した感覚。

 

そんな中、先シーズンからノリでは言っていた、いつかはやりたいスノスケバックカントリーって話を、
いよいよチャレンジしてみるタイミングなんじゃないかなーと、、おぼろげに思うようになってて、
天気と雪のタイミングを見計らっていて、、2018年4月1日の日曜日。

 

初のスノースケートバックカントリーにチャレンジしてきました。
 





RIDE WITH FAMILY

 

今シーズンは3月にまとまった降雪がほとんど無かったという激レアっぷりに加えて、

ここ数日の初夏のような高温、シーズンクローズは刻一刻と近づいてきてますね。悲しいことに、、
やり残しのないようにと、アクセルをぐっと踏み込んで、先の週末は超充実。
まずの土曜日は、ひと月ぶりに家族だけSNOWBOARDINGをしてきました。





FREELY PERSISTENTLY

 

気が付けば桜は満開、3月も終わろうとしている。。あー、、早いっす。。。
次の週末でクローズしてしまうゲレンデも多数で、それ以降はゲレンディングの選択肢は狭まり、
イベントに繰り出して遊ぶか、スノスケや雪板でメロウに遊ぶか、、
っていう春の過ごし方に移行していくのがここ最近のお決まりの流れ。

 

つまるところ、仲間内で躍起になってゲレンデ全体を縦横無尽に高速フリーライディングでぐるぐる、、
みたいな遊び方は、そろそろ今季ラストかも、、な意識を持たないといけない時期。特に今季は融雪も早いし。

 

ということでこの週末は、子供はある程度無視して、問答無用で滑りまくっちゃおうと 笑
ハングリーに滑りまくれるだけのバリエーション豊富なゲレンデを求めて長野まで遠征し、
なかなかおなか一杯にならない大食いタレント達を揃えて、がっつり二日間滑り倒してきました。





PEACE FAMILY SESSION vol.3

 

何にも気がつかずにただ滑ってるだけだと雪も減ってきてそろそろお終いかなーとか思っちゃう一方で、
見えてる人には各地で襟首引っ張られるイベント目白押しにて第二のハイシーズン全開っていう、
対称的な感覚が交差するスプリングシーズン。ある意味ラインセレクト能力が試させられる季節です。

 

この週末も魅惑のイベントラッシュだったけど、今季はちょっとそのライン取りはボトムでぐっと我慢して、
オリジナルラインへSHREDDING。第3回ファミリーセッション開催してきました。





2SESSION


 

この週末は、土曜日曜でメンツをガラッと入れ替えての2SESSION。
柔軟でフットワーク軽く動ける時代は、土曜群馬から日曜長野へトラバースとか、
コンディションとメンツが整うトコロに向かって余裕で動いてたんだけど、
足枷がついたファミリースタイルになってからは、実はめっきりやらなかった(やれなかった)遊び方。

 

土曜も日曜も最高でした。





BOOGIE BACK SNOWSKATE

 

季節柄の三寒四温、低気圧がひっきりなしに通過して天気は全くの不安定、春と冬がせめぎあってますが、
先の週末は見事に高気圧がすっぽり覆って、スプリングコンディションがバッチリ炸裂。

 

ドピーカンに気温上昇の予想天気図は、今の自分らにとってはもう、完全にスノースケートへの一斉合図。
号砲は当然みんな感知していて、阿吽の呼吸レベルであっという間にナイスメンツが集まるのは流石な期待感。
狙ったようなパーフェクトタイミングでhovlandの関東試乗会も行われてて、
東京近郊エリアのスノースケーターは勢揃いしたんじゃないかってレベルのBIG SESSION。最高でした。





2nd PEACE FAMILY SESSION

 

気がつけば2月も終わり。西高東低がブチ極まって続くような雰囲気はもう全然感じれず、春ですね。
あとひと月もすれば多くのゲレンデがクローズしてきちゃう頃合だけども、
今季はあっという間にシーズンの半分を駆け抜けたって感触で、なかなか満足感も強いんだけど、
その一方で、そーいやしばらくまともに子供を滑らせてなかったなーと、、

 

ということで今回は子供を滑らせることも大きな目的のひとつとして。
第二回ファミリースノーボードSESSIONをしてきました。

続きを読む >>