home blog movie life style life archive photograph vibes link contact
YOKONORI MANRAI SESSION

 

横乗日本映画祭も終えて、ヨコノリテンション上がっております。
そんな週末は、毎度のBUDDIESからお誘い受けて、ヨコノリマンライSESSION。





SEEKING PLAYSPOT & PLAYSTYLE

 

できれば駐車場のような一面だだっ広いアスファルト面だけど、車が入ってくる可能性は完全にゼロで、
人であっても通行目的の場所ではなく、遊び目的の広場的なフラット地形で、怒られる心配なし。
それでいて駐車場からは近く、簡易テントとかを建てて休憩スペースは簡単に作れて、そしてトイレあり。

 

そんな場所で大人も子供も一緒になって遊ぶ。
子供はスケートボードをやるもよし、ストライダーや自転車など他のことをして遊ぶもよし、
って感じでのびのびと遊ばせながらも、その脇で大人は子供を見つつも自分のスケートボードに興じる。
もちろん各々で楽しむだけじゃなくて、子供に教えたり、一緒にやったり、競い合ったりっていう、
SESSIONが生まれれば最高。スケートボードって、子供だって大人だって同じように遊べるからね。

 

そんな理想を夢見ながらも、それを実現できる場所って、意外と思いつかない。特に都市部・市街地だと。
ネット検索で探したり、噂にアンテナ張ったり、グーグルMAPで探したり、実際にロケハンしたり、、
結構長い期間探していたところ、ようやく発見しました。
ホントはお弁当食べるためにいい感じの川原を探してたんだけど、その流れで偶然 笑

 

もちろんスケートとストライダーは車に積みっぱなし。早速さくっとLET'S PLAY!
 





GOOFY LINE

 

今年の夏は昼は暑すぎたり、夜は子供の都合だったり、旅だ祭りだそして海だと楽しかったりで、
なかなかスケートの出番なく、毎回ちょぼちょぼ遊ぶ感じに終始しちゃってるけど、
それでも20代の頃のように気持ち遠のくようなことはもはやありません。

 

そんな中、この週末は南風、かつ、ウネリの発生源もほぼ無し、なコンディションだったので、
鼻っからノーサーフと決め込んで、ようやく久しぶりにスケートに乗りに、プラネットへ。





SKATE SESSION WITH SNOW HOMIES

 

あっという間に師走です。今年も残すところあとわずか。
この時期の戸吹名物、真っ青な空、真っ赤な紅葉、真っ白なコンクリという
惑星三段紅葉がどピークなタイミングに加え、久々に気温もポッカポカで、まさしくSKATE THE DAY。
12月のこの頃合は毎年のようにSKATEにナイスなコンディションが整って、雪山が遠のきます 笑

 

こんな最高なタイミングを引き当てて、長野からヨコノリ仲間が来八。
WELCOME SESSION体制整えて、久々に朝から日が暮れるまでのSKATE SESSIONをやりました。





OPEN RAMP

 

昨年惜しまれながらもクローズ(休止)したSK80S。
ニアリストな自分にとってはとくに影響デカく、
夜スケのメインスポットは戸吹にシフトさせたんだけど、我が家の夜の空き時間と、
戸吹の終了時間とそこまでの移動時間がネックで、微妙にフィット感が悪い。
そして天候に左右されるのも難で、なかなか思うようにスケート出来ない感覚が強くて。

ということで、新たな門を開けました。ランプです。





KEEP PLAYING BUDDIES

 

三連休あたりまでは夏みたいにあちー、、とかいってたのに、あっという間に一転、
近頃の極寒雨続きにはほとほと参っちゃってますが、、、太陽が恋しい、、、


とはいえこれも季節が進んでいる証拠。気がつけばあっという間に10月も終盤戦で、雪の季節もすぐそこ。

オフの間にタイミングみて集まれればねーとかいってたネタも、波だコンクリだキャンプだと、
眼前のナイスコンディションに引き寄せられ、なかなか集まらないのは
コンディション優先人間達のサガだけども、そーはいってもそればかりじゃいられないわけで。

暑すぎず、寒すぎず(寒かったけど)、メロウな外遊びがベストフィットする秋から、
本格的に雪が降る年末までの期間は、仲間とのtalking & drinking sessionに最適。

 

そんなわけで、ギリギリ雨降らずで耐え切った先の土曜日。
ヨコノリ面々が集まって群馬のBUDDY宅へ。お目当てはお庭BBQ & SELFBUILD RAMP SESSION。





GROWTH

 

今回は久々にスケートボードの話。
ブログネタにするほどじゃないから触れずだったけど、地味に週1ペースくらいでは乗ってます。

とはいえ子供が寝た後とか、雨止んだ隙とか、基本ショートタイムだけど、
ちょっとした隙間タイムでも出来ちゃうのはSKATEBOARDの最大の魅力のひとつだし、
時間的には僅かな時間でも、やるとすげー浄化されるのがSKATEBOARDの素晴らしさ。

雨の多い夏だったけど、ちょっとでも止んだら、そろそろパーク乾いたかなぁとか想像したり、、
アホなおじさんであることは間違いない 笑





HOME WEST TOKYO

 

あっという間に3月。もはや冬と呼べる季節は過ぎ去り、ホント冬は短いっすね。
3月ファーストウィークエンドは絶好の天気で、しかも降雪直後だったんで山はだいぶよさそうだったけど、
家族事情もあってこの週末は切り替えてアーバンライフ。
とはいえ日曜は気温も上がって風も弱く、完全に春な陽気。久々の半袖スケートが最高に気持ちよかったっす。

またしばらく寒の戻りみたいなんで、ナイスタイミングだったのかな!





THREE YEARS ON THE CONCRETE

 

12月。いよいよと待ちに待ったSNOWシーズンをOPENさせるスキモノもいれば、
寒空の中美しく輝くサンライズと共に透き通った海に興じるスキモノもいれば、
冬らしい晴天ドピーカンのコンクリートウェーブでいまだTシャツ1枚で汗だくになるスキモノもいて、
山もサイコーだ、海もサイコーだ、コンクリートもサイコーだ、、と、
いわば時空を超えたSESSIONが行われている感じが、凄く頼もしく好きな季節。

 

この週末は山はパウダー、海はFUN WAVEと両方ともイイ具合だったけど、
季節外れにポカポカ陽気なドピーカンが極まりそうな天気予報だったんで、迷わずスケートへ。

雲ひとつない、予報通りに最高なコンディション。





SK80S

 

11月も半ばを過ぎてからの晴天の霹靂、突如沸いて出た地元スケート施設の11月でクローズという情報。
こりゃあクローズまでのわずか数週間、できるだけたくさんの思い出を、と。
波乗りもプラネットも子守もぶっ飛ばして、朝晩昼夜問わず
SESSION詰め込んで最後っ屁こきまくってきました。

続きを読む >>